ソフトバンクとSprintのiPhone5

iPhone5.PNG

SprintはCDMA2000

ソフトバンクが買収するSprintは、CDMA2000でサービス展開をしています。

ソフトバンクは、W-CDMAでサービスを展開しています。

Appleのページを見ると、iPhone5 A1429 には、GSMモデルとCDMAモデルが別々に存在しています。

ソフトバンクのiPhone5はA1429:GSM modelで、sprintやKDDI (au)のiPhone5は、A1429:CDMA modelですので、ソフトバンクのiPhone5は、Sprintで使えません。

iPhone4もCDMA2000とW-CDMAが別です。

  • iPhone 4 A1349 CDMA model
  • iPhone 4 A1332 GSM model

KDDIもCDMA2000

Sprintと同じCDMA2000を使っているKDDIは、SprintのCDMA2000網を使って北米でMVNOをしています。KDDIモバイルというアメリカの会社が、SprintのMVNOです。

ソフトバンクがSprintを買えば、KDDIがソフトバンクの子会社のMVNOという不思議な状況になります。

パッチワーク

ソフトバンクは、6つの異なる方式のネットワークを抱えることになります。

  1. W-CDMA:ソフトバンク
  2. CDMA2000:Sprint
  3. FD-LTE:ソフトバンク(ソフトバンク 4G LTE)、Sprint
  4. TD-LTE:WCP(ソフトバンク4G)、Clearwire
  5. Wimax:Sprint、Clearwire
  6. PHS:Willcom

上記1から6のうち、iPhone 5が対応しているのは、1と3、2と2パターンです。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ