OTTユーザー数

Facebook, Skype, Twitter, Viper, Google+, Line, Kakao Talk, mixi, commなどのOTT(Over The Top )コミュニケーションサービスユーザー数が伸びています。

主なOTTコミュニケーションサービスのユーザー数

  1. 10億 Facebook
  2. 2.8億 Skype
  3. 2.0億 Twitter
  4. 1.4億  Viber
  5. 1.35億 Google+
  6. 0.73億 LINE
  7. 0.65億 KAKAO TALK
  8. 0.14億 mixi
  9. >0.1億 comm

上記は、全世界の月間アクティブユーザー数(MAU)の多い順です。
公表値や推計値が出てくる時期も違っていますが、おおよそ2012後半の数値です。
毎月数字は変わっいますが、最初の1、2ケタ程度の精度はありそうです。

日本国内ユーザ数は、世界ランキングと異なっています

  1. 3,200万 Twitter
  2. 3,100万 Line
  3. 1,677万 Facebook
  4. 1,400万 mixi

Skypeユーザーは2,000万くらいいるようですが、不明です。
他にもViper, Google+など国内ユーザー数が不明なサービスは記載していません。

日本では、TwitterとLineの人気が高いようです。
Twitterの登録ユーザー数のうち、国内ユーザは数%程度ですが、日本発のツイート数は10%を超えています。
LINEは、月間アクティブユーザー(MAU)が86%あり、50%以下の他サービスと比べ、利用率がダントツに高いようです。デイリーアクティブユーザー率も65%と高く、毎日22億件のメッセージが流れるサービスになっているようです。
このため、アクティブユーザー数ランクでは上位になります。

OTT : Over-the-Top

OTTの定義を羅列します。

  • 通信事業者の頭越しに提供されるサービス
  • 通信事業者を限定せずに、通信事業者が提供するデータ通信を使って提供されるサービス
  • 事業者の専用機器ないしネットワークの利用者に限定せす提供されるサービス
  • 従来型のハードウェアを介さずに、コンテンツを消費者へ直接届けるサービス


最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ