最近の電子ブック関連ニュース

昨日、KDDIが、本の読み放題サービス「ブックパス」を始めました。

月額590円で電子ブック読み放題サービスです
(来年3月末までは、月額390円のauスマートパス料金だけで「ブックパス」を利用できる)

電子ブック関連のニュースをリストしてみました

電子ブック端末 発売ラッシュ

  • Amazonは「Kindle Fire / Fire HD」を発売開始します(12月19日)

    エディオンのほか、ケーズデンキグループ、上新電機、キタムラでも20日から変えます
    Kindle Paperwhite なら、有隣堂、ビックカメラ、TSUTAYAでも買えます。

  • 凸版印刷グループのブックライブは、UQなどとともに、WiMAX内蔵電子ブック端末『BookLive!Reader Lideo』の販売を始めます(12月10 日)
    UQの発表

  • セイコーインスツルメントは、電子ブックリーダー搭載電子辞書を発表しました(11月27日)

    電子書籍(EPUB)、エクセル、ワード、パワーポイント、PDFなどのドキュメントを閲覧、検索が出来る電子辞書です。

  • 紀伊國屋書店「紀伊國屋書店Kinoppy for Mac」をリリースしました(11月21日)

  • 楽天は、kobo gloの販売を開始しました(11月15日)
    楽天からはkobo Touch が無料で送られてきました(快適に使っています)


従来からある電子ブックも値下げで応戦していいて、ソニーの電子ブック端末「PRS-G1」などは、発売当初の25,800円だった価格が、半値以下の10,800円に下がっています。

コンテンツ供給にも続々参入

  • 11月30日:朝日新聞が、マイクロ電子書籍新シリーズ朝日新聞デジタルSELECT を創刊
    「koboイーブックストア」で買えます

  • 11月21日:livedoorブログにEPUB書き出し機能が登場
    ブログを本にすることができるようになりました

  • 11月19日:大日本印刷は、世界最速レベルのブックスキャナーを開発を発表しました。
    1分間に250ページの速さで紙の書籍を撮影して電子書籍に変換できるそうです。
    本を裁断する必要はなく、高速ページめくり装置が自動でページめくります。


  • 10月25日:Amazonが電子書籍ストア「Kindleストア」日本版をオープンしました。
  • 09月25日:Googleの電子書籍サービス「Google Play ブックス」日本版がオープンしました。

電子ブックの仕様などもリストしておきます。

電子ブックのフォーマット

EPUB:Electronic PUBlication

グーグル,アップル,ソニー、楽天がEPUBを採用
KDDIもビブリオリーフでは、XMDF,PDFだけでなくEPUBに対応
デファクト化しつつある感じです。

EPUBは,仕様が公開されているいて、利用料不要で、誰も利用可能です。
一番新しい仕様はEPUB 3(電書協EPUB 3 制作ガイドver.1.0
EPUB 3はHTML5やCSS3がベースなので、HTML5やCSSが備えている機能は基本的にEPUBで利用可能
EPUB3からは、縦組み,ルビ,圏点にも対応しています。
ただ、二重打ち消し線、囲み文字、禁則文字の指定、禁則処理 追い込み(run-in)追い出し(run-down)、禁則処理行頭・行末空白の自動吸収、などは、まだ未対応のようです。

AZW/ Mobi

Kindle の電子ブック書式
Amazonが買収した仏Mobipocketが開発した「MOBI」がベース
(Kindleは、TXT、PDF、MOBI、PRCにも対応)

MobiもAZWも、Amazonが独自のDRMがついています。

Amazonは、KindleをEPUBに対応させる予定があるそうです。

XMDF

シャープの電子ブックフォーマット
KDDのブックパスのビューワはXMDF、.book、OMF、BS Readerに対応
ビブリオリーフに、XMDF,EPUB,PDFに対応
LISMO Book Store 

日本ではメジャーだけど、海外では無名

PDF

PDF は、EPUB よりも普及しているので、メール添付とかで送っても迷惑にならないとか利点もあります。

しかし、固定レイアウトなので、電子ブックリーダーの画面サイズが、変っても対応できません。
レイアウトを画面サイズに合わせて変更できる可変レイアウトではないので、電子書籍の標準フォーマットになれそうもありません。
いろんな電子ブックリーダーでついでにサポートしている感じです。

その他

WORDやTXT、HTML5/CSS3なども見える電子ブックリーダーも多くあります。
しかし、DRMがきっちりしていないので、電子書籍としては致命的です。

他にも、.book、MCBookなどもあります。

EPUBを読むソフト

WEBを電子ブックに変換するツール・ソフト

  • readlists」WEBサービス
    表紙にReadlistsのロゴが入ってしまいますが、
    複数サイト/URLを1つの本に統合できるのが便利

  • dotEPUB Firefox拡張機能
    表紙にdotEPUBのロゴが
    複数サイト/URLの連結がよくわからない


  • go4convert
    IEでないと動かない
    ファイルをアップロードするタイプなので、オンラインサイトをそのままEPUBにできないけれど
    、各種フォーマットからEPUBへの変換をサポートしてます。
    DOC, DOCX, XLS, XLSX, RTF, HTM, HTML, PDF,TXTなどをEPUBに変換可能

  • Online-convert
    変換機能がいまいちです
    文字コードを指定してあげないと変換に失敗したりします。
    文字コードを指定して変換できないサイトもあります。
    このサイトには、電子ブックリーダー向けのPDFに変換というのもあります


  • calibre
    HTML, PDF, RTF, TXTなど様々なフォーマットからEPUBに変換可能


  • PDFMate PDF 変換フリー版
    PDFをEPUBに変換

EPUBを編集するソフト

SIGIL

ibooks Author
MAC用EPUB編集アプリ

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ