スマートフォンも802.11ac対応

Qualcommが、Snapdran 800と600を発表しました。

Snapdran 800のWiFiは802.11ac対応なので、スマートフォンのWiFiがギガbps級になります。

主な新機能

  • LTE 150Mbps(Cat.4 )対応
       Snapdragon S4のLTEはCat.3下り100Mbps
  • IEEE802.11ac 対応
       Snapdragon S4は11n(450Mbps) 対応
  • USB3.0(5Gbps)対応
        Snapdragon S4は、USB2.0で480Mbps対応
  • 計算能力75%UP(S4比)
  • グラフィック処理能力2倍(S4比)

Snapdran 800の市場投入は2013年夏のようなので、秋冬には150M LTE とギガWi-Fiに対応したスマフォが発売されそうです。

通信事業者がWiFiアクセスポイントをどんどん増やしていますが、802.11ac対応はまだ無いようです。

スマフォが802.11ac対応になれば、WiFiアクセスポイントも802.11ac対応にして欲しいところです。


802.11n から 802.11ac への拡張

  • 変調多値数を64QAMから256QAMに拡張して、速度1.33
    (今回リリースされた製品に実装されました)
  • MIMO を4x4から 8x8 に拡張して、速度2
  • チャネル帯域を40MHzから160MHzにして、速度
  • サブキャリアを高密度にして、速度1.08
    108本/40MHzから468本/160MHz(117本/40Mに相当)
  • ショート ガード インターバルのオプション(10 % の高速化
  • 最大フレーム長の拡大
    • MACフレーム(MPDU)は、11nの7,935から11,454 bytesに拡大
    • 物理層(PSDU:PLCP Service Data Unit)は、11nの65,533から1,048,575bytesに拡大

8ストリームをサポートせず、1ストリームだけだとしても861Mbps。
20Mbps/ch の1ストリームだとしても107Mbpsです。

802.11acアクセスポイントのエントランス回線は、1GbpsのFTTHでないと無線区間の高速性が生かせません。

3GやLTEでの無線エントランスはぜひやめて欲しいところです。100Mbps のFTTHでも帯域不足です。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ