iPhoneのメールと、auの障害

auのiPhone、iPad、iPad miniで、メール障害が発生しました。

KDDIの説明では障害の原因は調査中となっていますが、おそらくActive Sync用のExchangeサーバーの障害だろうと思われます。

まずはiPhoneで使えるメールの現状を、整理してみました。


iPhoneで使えるメールの種類

Phone用に使えるメールは、SMSMMSEメールiMessageがあります。


SMS(Short Message Service)

電話番号でショートメッセージをやり取りするサービスです

au のSMS、ソフトバンクのSMS(i) が該当します。

通信は、端末とSMS Center (SMSC)間で行われます。

  1. メッセージの発信側が受信側のアドレスを付けてショートメッセージをSMSCへ送信
  2. SMSCは受信側へメッセージを転送
  3. 何らかの理由で受信側にメッセージを配信できない場合、SMSCはメッセージを一時的に保存し、可能であれば後でメッセージを再配信。
  4. 一定時間が経過しても配信が完了しなければ、メッセージは消去。

携帯電話端末はSMS Center (SMSC)の情報を保持しています。


MMS(Multimedia Messaging Sevice)

携帯電話間で、テキストのほか静止画/動画/音楽といったデータを送受信することができるように、SMSを拡張したシステム。

いわゆるケータイメールですが、パソコンからも、携帯電話のMMSメールアドレスを指定して送信することが可能

アドレスは

「xxxxx@softbank.ne.jp
「xxxxxx@ezweb.ne.jp

通信は、端末と、MMS Center (MMSC), SMS Center (SMSC) 間で行われます。

MMS-protocol.png

  1. 移動機(UE)はデータ通信によりWAPやHTTPなどのプロトコルを使用してMMSCへメッセージを送信(Submit)
  2. AP接続(CSD/GPRS)を使ってWSP POSTのコンテンツとして送信
  3. MMSCはメッセージが到着すると、MMSCはメッセージを受信し、同じWAP接続を介して発信側に応答
  4. 応答を受信した発信側携帯電話には「メッセージを送信しました」と表示
  5. MSを利用して到着を送信先である移動機に通知(Notification)
  6. MMSCが、WAP Pushを使って、メッセージが届いたことを知らせる通知を受信側に送信
  7. 通知にはメッセージコンテンツへのリンク情報が含まれており、通知を受け取った移動機は、データ通信によりメッセージを取得(Retrieve)
  8. 受信側携帯電話はWAP接続(CSD/GPRS)を開始し、WSP GETを使ってMMSCからMMSメッセージをフェッチ
  9. 受信側携帯電話が、WSP POSTメッセージを使い、同じWAP接続を介して、受信したことをMMSCに通知
  10. MMSCが、WAP Pushを使って、メッセージが配信されたことを発信側に通知。発信側携帯電話には、「メッセージが配信されました」と表示


iMessage

Apple社が提供する、Apple ID ( iPhone の場合は電話番号でも可)をアドレス代わりとしたメッセージサービス

iPad、iPod touch、および OS X Mountain Lion のユーザ間で、文字数無制限のテキストメッセージ、写真、ビデオ、位置情報、および連絡先を Wi-Fi またはモバイルデータ通信経由で送受できます。

SMS と MMS では、相手にメールが届いたことは確認できても、開封したかどうかを確認できる機能はありませんが、iMessage では相手がメッセージをアプリで表示(開封)したか否かを確認可能

iMessage には同期機能もあります。

なお、iPhoneでは、iMessage・SMS・MMS はいずれもメッセージアプリから利用メッセージアプリ で送受信されます。

さらに、送信先iPhoneが、iMessage設定がOFFだったり iOSが古かったりして、 iMessage を受信できない場合は、メッセージはコンテンツによって SMS または MMS として送信されます。

相手がiMessageを受信できるかどうかは、アップルサーバが、確認し切り替えます。


Eメール

一般のインターネットメールに近いサービス

通信事業者が提供するEメールアドレス

「xxxxx@i.softbank.jp

「xxxxx@ezweb.ne.jp

ソフトバンクとau(KDDI )ではプロトコルが違います


ソフトバンクは、MMS+IMAP

MMSで着信を通知し、端末側からIMAPでフェッチする

MMSの通知があった時点で、「メールを受信しました」と表示される


au(KDDI)は、Active Sync

MS Exchange Active Syncダイレクトプッシュを使いメールのリアルタイム受信をしています。

Active SyncのダイレクトプッシュをOFFにして、IMAPによるプル受信を設定することもできます。

Eメール携帯電話会社が提供しているEメールだけでなく、GmailなどのEメールも使うこともできます。

Exchange ActiveSyncをサポートするメールサービス(Windows Live Hotmailなど)では、プッシュ機能によるリアルタイム受信もできます。

送受信サイズなどの制限



障害原因の推測

2013年4月16日~19日の障害の原因は調査中となっていますが、以下の理由からActive Sync用のExchangeサーバーの障害だと思われます。

  1. 障害の範囲がEメールリアルタイム受信設定のiOSデバイスに限定されているので、Active Syncの障害が疑われます。
    KDDIの発表では、「Eメール(ezweb.ne.jp)送受信サービス(Eメールリアルタイム受信設定のお客様) が接続しづらい状況が発生しました。」となっています。
  2. Eメール送受信だけでなく、カレンダー、連絡先、リマインダにも影響が出ているので、SMTPなどメール系に限定した障害ではないと思われます。
  3. 障害により同期不全が発生し、回復後も受信障害が発生しているので、Active Syncの障害だと思われます。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ