携帯禁止で爆弾テロを防ぐ??

ボストンマラソンのテロ直後に、ボストンで携帯がつながらなくなったそうです。

携帯を使った起爆を阻止するため携帯を使えなくした、という噂も流れ、TVなどでも報道されていました。

実際の原因はトラフィックの急増であり、携帯網のシャットダウンは行っていないし、当局からの依頼も無かったそうです。

テロの危険がある際には、携帯網をシャットダウンするなどという流れに、今のところなっていないようです。

携帯がテロに使われた例は多々あります。

携帯電話で起爆させる方法はネットに溢れています。

携帯を鳴らす(着信がある)とLEDが点灯する回路も掲載されています。
着信時のバイブレーターへの出力をつ使っています。

LEDの代わりの何かを起動させることも可能です。

起爆用回路.PNG

こんな状況なので、テロがあるごとに、現場周辺では輻輳が起き、テロ防止のため携帯電話サービスが停止されたという話題がでます。
ロンドンの爆破テロでは、起爆装置として携帯電話が利用されたため、英当局はただちにロンドン全域で携帯電話が使用できない措置とったという噂が流れました。

テロ防止のためニューヨークの地下鉄内での携帯電話サービスが一時的に停止されてたとも言われています。

爆発現場の周辺で「アクセス制限」が実施され、救命サービス等の緊急通報を確保する処置をとるなどしたため、携帯電話が一時的に使用不能になったのは事実のようです。

アンドロイド携帯で、飛行機がハイジャック可能」というような記事もあります。

テロ対策として携帯を使えなくする動きが広がれば、テロリストは携帯以外の方法を探すだけのように思えます。

前述のLEDを起動させる回路は、イマーでバイブレータを起動させれば、電波が届かなくても動作します。
傾きや磁気などのセンサー連動でバイブレータを起動するアプリでもOKです。
WiFi接続でアプリを起動することも可能です

基地局からの電波を止めても、起爆は防げません。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ