文字入力方法いろいろ

Simejiがクラウド入力を搭載して賢くなっと発表したり、FleksyがAndroid版もリリースしたりしています。

文字入力の改革を目指した試みを、リストしてみました。

キーボード入力の進化

  • Swype
    QWERTYキーボードの文字キーを、タップせず、なぞる(SWYPEする)ことで入力するインターフェース
    日本語対応済み

  • Fleksy
    強力な自動修正・推測エンジン搭載したブラインドタッチ用インタフェース
    日本語は未対応

  • Godanキーボード
    両手入力を前提して、ケータイ入力用キーボードを変更
    片手入力が前提のフリック入力やケータイ入力のアンチテーゼ

脱キーボードの斬新な入力方法

日本後変換エンジンの改善

  • Google日本語入力
    GoogleのIndexデータから自動で作成する最新用語や流行を反映した辞書と安定稼働が特徴
    Android版はオープンソース化しています。
    なお、辞書も含めてすべてローカルにあり、ネット無しで変換は完結

  • Simejiクラウド入力
    入力した文字をクラウド上で漢字やカタカナ、英語に変換する
    日本語変換を演算能力の高い環境で実行することにより、変換精度を向上
    フリック+ケータイ入力にも対応しました。

音声入力


fleksy2.PNGFleksyは、でたらめに見えるほど間違った入力も正しく補正してくれます。

voghest という入力をbiggest だと理解したり、
gtusyrsgiobを、frastrationだと理解したりしてくれます。

fleksy.PNG

最近のブログ記事

GoogleがHTC買収を発表
台湾のHTCを買収することをGoogl…
上限突破でも速度制限なし
T-mobileが月間通信量の上限を5…
貼れる,洗える,伸びる太陽電池
h2{ font-size:120%…
カスタム検索

月別 アーカイブ