2013年9月アーカイブ

ソフトバンクとWCPが、AXGP(TDD-LTE)とソフバンの4G LTE(FDD-LTE)の両方を使うハイブリッドLTEを発表しました。

KDDIとUQが、WiMAX2+(TDD-LTE)とauの4G LTE(FDD-LTE)の両方を使うハイスピードエリアプラスモードを発表(WiMAX2+ Start)したのに続くTDD-LTEとFDD-LTEのハイブリッド展開です。

KDDI+UQ
ソフトバンク+WCP
TDD-LTE UQ のWiMAX 2+

WCPの AXGP

FDD-LTE au のLTE(FDD)

SBM のLTE(FDD)
月額 4930
不明
使用周波数帯
と通信方式
2.5GHz (TD-LTE)
1.5GHz(FD-LTE)
800MHz(FD-LTE)

2.5GHz (TD-LTE)
2.1GHz(FD-LTE,3G)*1
1.7GHz(FD-LTE)
1.5GHz(3G)

速度制限 TD-LTE利用時は速度制限ナシ
FD-LTE利用月は7GB/月

不明
(後日あらためて発表)

最大速度 220M(TD,来年3月から)
110M(TD-LTE時)
75M(FD-LTE時)

110M(TD-LTE時)
75M(FD-LTE時)
7.2M(3G時)

提供開始 2013年10月31日
2013年12月以降
端末 Huawei製
Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14

Huawei製
Pocket WiFi 301HW

SHARP製
302SH 303SH
富士通製
ARROWS A 301F

*1)ソフトバンクの場合、同じハイブリッドLTEであっても、Pocket WiFi 301HWは、2.1GHzに対応していません。

両方ともTDD-LTEとFDD-LTEをスイッチして利用可能である点は同じです(ソフバンの場合は3Gに切り替わることもあります)。

TDD-LTEをLTEとは呼ばずに、WiMAX2+ や、AXGPという名前を正式名称に使って総務省の顔をたてているのも共通です。

WiMAX2+ Start

No-Limit-Wimax2+.png

UQコミュニケーションがWiMAX2+を発表しました。
下り最大110MbpsのWiMAX 2+ が10月31日開始されます

WiMAX2+で高速化後も、2年間速度制限ナシ料金据え置きでした。

110Mbpsでスタートし、220Mbpsへの高速化は2014年3月(前倒し努力中)だそうです。

料金

  • 月額3880円で据え置き
  • 料金プラン名は、「UQ Flat ツープラス」になり、LTE利用オプションが追加。
  • LTEも使を使用した月は+1055円のオプション料金がかかる。
    • LTEを使うか使わないかは、ワンタッチで切り替え可能。
    • WiMAX2+を使わないモードも選択できますが、
      使わない設定にしても料金も速度制限は変わりません。
WiMAX2+charge.png


速度制限は2年間ナシ

  • 40MbpsのWiMAXは速度制限ナシ
  • WiMAX2+も最大25ヶ月間は通信制限なし
  • 2015年4月以降は直近3日間で1GBを超えると、WiMAX2+は通信制限の可能性あり
  • 4G LTEを使うとWiMAX 2 / 4G LTEの合算で月間7GBを超えると速度制限対象


モードは3種類

料金は、「UQ Flat ツープラス」1種類ですが、3つのモードを切り替えて使うことができます。

LTEをON/OFFして、月額1050円のオプション利用のON/OFFをする。

WiMAX2+をON/OFFして、2015年4月以降の速度制限を回避する

という目的での3モードですが、2年間は速度制限無いので、LTEのON/OFFだけが意味を持ちます


  1. ノーリミットモード」:40MbpsのWiMAXを速度制限ナシで利用
  2. ハイスピードモード」 :110MのWiMAX 2+とWiMAXをシームレスに利用
  3. ハイスピードプラスエリアモード」 auの4G LTEとWiMAX 2+を利用
WiMAX2+.png

端末

  • 対応端末は、「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(UQの発表)

ソフトバンク解約金を2倍に

Softbank-FAQ-78500.png

ソフトバンクのプリペイド契約[プリモバイル]の解約金が、9,975円から20,790円に値上げになりました(ソフトバンクのFAQのページ)

ソフトバンク[プリモバイル]の解約金によるシバリを始めたのは昨年からです。

  • 12年4月3日までの契約:解約金ゼロ
  • 12年4月4日以降の契約:解約金9,975
  • 13年9月28日以降の契約:解約金20,790

昨年は「プリモバイル」の提供条件改定について というプレスリリースがでましたが、今回の値上げについては29日時点ではプレスリリースはなく、FAQのページと、プリペイドご利用手続きのページ購入手続きのページのみ記載されています。

Bullet-vs-iPhone5s.png

iPhone 5s を狙撃銃で撃つとどうなるかが、YouTubeで公開されています。

撃たれたのはiPhone 5s ゴールド。

撃ったのはバレットM82。
湾岸戦争でも使われた対物狙撃銃です。

みごとに穴が開いています。

射程2kmの長距離射撃で、武装ヘリコプターの迎撃や、装甲車にも損傷を与えられる12.7mm弾ですから、当然。

Riot-Shield.png

iPhone 5cのボディに使われているポリカーボネートは、防弾ガラス、機動隊やSWATの盾などにも使われる素材ですから、iPhone 5cなら少しは耐えたかも。

ポリカーボネイトは強靭ですが、硬いわけではないので、傷はつきます。

一般的なポリカーボネイトは、硬貨で傷をつけることはできるが、指の爪では傷つけることができない程度の硬さですが、表面処理によりアルミやジュラルミンの硬さ近づいた製品もあります。


Mobile Link aggrigation

Wi-FiとLTEを同時使用して高速化するウェブブラウザ predio 『プレディオ』をKDDI研究所が無償提供開始しました(KDDI研究所の発表)

Android 4.0以降のOSに対応です。

iOS7.0.2 リリース

ios7-0-2.png

iOS 7.0.2 が公開されました。

パスコードロックを迂回できるバグの修正版です。

  • 20日 7.0 リリース
  • 22日 7.0.1 リリース (iPhone 5s / 5c限定)
  • 27日 7.0.2 リリース (全デバイス対象)

7.0.2は、iPhone 5s / 5c限定ではなく、全デバイス対象のアップデートです。

パナソニック モバイルコミュニケーションズ(PMC)が、個人向けスマホからの撤退を発表しました。

パナソニックのニュースリリースからの引用

BtoC市場(国内通信事業者)向けスマートフォンについて、本年度下期以降の新製品開発を休止し、その経営資源を、成長が期待されるBtoB市場向けスマートフォンなどの新規事業の開発・推進や、AVC社内の共通技術開発を中心に、戦略的に再配置します。

純金iPhoneやiPad

純金メッキのiPhone 5s や iPadを販売しているイギリスの会社があります。

iPhone 5は金メッキではなく完全な純金で約1073万円(GBP68000)。

純金メッキのiPhone5sは、約28万円(GBP1780)Gold-iPhone.png

iPhone5s 在庫あり

Appleのティム・クックCEOは「iPhone 5sの初度供給分は完売した」と語ったそうです。

しかし、在庫はあります。

ヨドバシカメラ在庫状況(9/24 11:30現在)をみると、

  • ソフトバンクのiPhone 5s は、全店で在庫あり
  • auのiPhone5sは、5店で売り切れですが、16店で在庫あり
  • ドコモのiPhone5sは、19店で売り切れですが、2店で在庫あり

NTTレゾナント(GooSIMSeller)のサイトをみると、9/24 11:30現在で

  • iPhone5S 香港版 ゴールドは、16GBと64GB 在庫あり
  • iPhone5S 香港版 グレイは、64GB 在庫あり

白ロムiPhone5s、MVNO

白ロムiPhone 5s 5c の利用、MVNOのSIM利用は、いろいろハードルがありそうです。

白ロムiPhone 5s

SIMロックフリーのiPhone 5s 5c をNTTレゾナント(GooSIMSeller)が販売しています。

この機種は、FDD-LTEがBand1、2、3、5、7、8、20の香港版ですので、A1530です。

A1530 はドコモのプラチナバンド(Band19)非対応です。

NTT系列のショップが売っているからといって、ドコモのiPhoneとは対応周波数が違っている点は要注意です。

アキバのショップでも販売開始されているようです(AKIBA PC HOTLINEの記事

  • iPhone 5s Space Gray 16GB(A1530)が、109,800円

こちらもA1530でプラチナバンド非対応機種です。

iPhone 5s 5c 対応周波数に型番と周波数を記載しています。


ドコモのiPhone5s でMVNOのSIMが使える

ドコモのiPhone 5s 5c に IIJmio(MVNO)  のSIMを入れたら使えましたと、IIJがブログで発表しています(ただし、3Gでは使えたが、LTEでは使えず、テザリングも利用できなかったそうです)。

使うためには、Wi-Fiでインターネットに接続しAPN構成プロファイルを読み込ませて、APNの設定を上書きしたそうです。

Band 19 に対応しているドコモのiPhone 5s(A1453)であってもLTEが使えません。


iOS 7.0.1でも残るバグ

iOS 7.0.1がリリースされました。

iOS7.0.1、どのバグに対応したのかは公表されていません。

スクリーンロックを回避できてしまうバグは、7.0.1でも残っています。

スクリーンロック回避

iOS7でロック画面のバグ

iOS7でパスコードロック画面を迂回して侵入してアプリを開けてしまうバグの記事がありました。

侵入方法のデモビデオもありました。

米国でもiPhone 5c実質ゼロ円

ドコモ、au、ソフバンとも新型iPhone、実質「0円」になっていますが、アメリカでもiPhone 5c実質「0円」が始まりました。

iPhone5c-free.PNG

携帯用電源

たき火でスマホ充電できる機器みつけました。

携帯用火力発電

たき火で発電できる火力発電機キャンプストーブは、AC電源の無い場所へ遊びに行く時は最適。

燃えるものさえあれば、電池切れの心配はありません。発電しながら料理もできます。

災害対策としても最適かも。

仕様
  • 【火力】3.4kW(低回転)、5.5kW(高回転)
  • 【USB出力】2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
  • 【内蔵電池】650mAh(3.7v) リチウムイオン電池
  • 【総重量】947g
  • 【サイズ】ストーブ:直径127mm×高さ210mm
  • 【付属品】付属ケーブル(パワーモジュール充電用 USB)、収納袋、ファイヤーライター(着火剤)
携帯火力発電機BioLite


大出力充電器

6A-Charger.PNG

たき火ができない街中を旅行するなら、6A出力ができるUSB充電器が便利そうです。

iPad(2A)+スマホ(1A) x 2人分+デジカメ(1A) +デジカメ(0.5A)=合計5.5A が同時に急速充電できます。

1to7-USB.PNG

7分岐USBケーブルも持って行けば、10台同時充電可能。

ACコンセント数が限られる旅先では、便利そう。

やや大きいものの、充電器を何台も持って行くより、だいぶまし。

NTTのiPhone価格を他店と比較

iPhone 5s, 5c の価格や料金比較が盛んですが、端末価格はドコモだけ高値で、auとソフバンは安値で横並びのようです。

海外版のSIMフリーなら、通信事業者の縛りや販売促進費もなく裸の端末本体価格ですので、iPhone 5 のSIMフリー版の価格を比較してみました。

比較するのはドコモと同じNTTグループのNTTレゾナントの楽天店(gooSIMSeller楽天店)と他のネットショップです。

NTTレゾナント
(gooSIMSeller楽天店)
スマートフォン.com mobax楽天店
SIMフリーの海外版 iPhone5とiPhone 4SG 価格比較
iPhone5 64GB 113,250 93,800 92,500
iPhone5 32GB 98,750 84,800 51,000
iPhone5 16GB 85,950 77,800 49,500
iPhone4s 64GB 85,350 74,800 52,800
iPhone4s 16GB 76,450 55,800 42,800

安いショップと比べるとNTTのiPhone 5 は、20%以上割高です。
iPhone5 32GBは1.93倍の高値です。

とはいえ、iPhone 5 64GBを¥165,000 で販売しているショップもあるので、NTTのiPhoneは最高値ではありません。
ネット販売されている製品が、本当に新品か、本当にSIMフリーか、保証があるのか、などは不明ですので、NTTグループから買う安心料として1.2倍とか1.9倍の値段は妥当だと思われる方もいると思われます。

台風18号が各地に被害をもたらしました。

携帯電話網も被害を受けています。

各社の被害発生場所は以下のとおりでした

ドコモの発表 ソフトバンクの発表 auの発表
以下の一部地域 
・神奈川県 三浦市
・埼玉県 熊谷市,
                 秩父郡皆野町・小鹿野町

・千葉県 四街道市、木更津市
・群馬県 前橋市、渋川市
・長野県 駒ヶ根市,軽井沢町,
        佐久市,長野市

・福井県 三方上中郡若狭町,
                 小浜市、敦賀市

・滋賀県 大津市,甲賀市
・京都府 綾部市、京都市,
                 福知山市、舞鶴市

・兵庫県 篠山市
・奈良県 五條市
・和歌山県 伊都郡高野町
・静岡県 浜松市
・愛知県 豊橋市,新城市,半田市,
                 北設楽郡東栄町・設楽町
・三重県 津市
・岩手県 盛岡市,一関市,
                二戸市,八幡平市

・北海道 釧路市

※以下の地域は回復しました。
・東京都 大田区
・長野県 茅野市、東御市
・京都府 綴喜郡宇治田原町
・愛知県 岡崎市
以下の一部地域
・奈良県五條市
・兵庫県神戸市灘区、東灘区
・滋賀県大津市
・愛知県北設楽郡設楽町 

※以下の地域は復旧しました。
・兵庫県宍粟市
・滋賀県高島市
以下のエリアの一部
・京都府 福知山市
・奈良県 五條市
・静岡県 浜松市天竜区熊

「倍速ダブルLTE」

倍速ダブルLTE

ソフトバンクが、「倍速ダブルLTE」を宣伝しています。

75Mbps対応の10MHz幅のLTEエリアは、37.5Mbps対応の5MHzエリアの倍速。

その倍速LTEエリアを、ソフバン2.1GHz と、イーモバイルの1.7GHz の2つの周波数帯に設けたので、「倍速ダブルLTE」だそうです。

ドコモも、auも、2つの周波数に倍速LTEエリアをもっていますので、3社とも「倍速ダブルLTE」です。

各社のLTE局のうち、10MHz幅と15MHz幅のLTE基地局(ソフトバンク風に言えば倍速LTE局、3倍速LTE局)の数を表にしてみました。

au ドコモ ソフバン
帯域1 800M帯
32,317
(100%)
800M帯
26,935
(約30%)
1.7G帯
2,695
(30%)
帯域2 2.1G帯
28,832
(57%)
2.1G帯
25,749
(66%)
2.1G帯
23,054
(77%)
合計 61,149
(74%)
53,870
(25%)
23,054
(77%)

( )の中は、倍速LTE局と、3倍速LTE局が、全LTE局に占める割合です。

現在、iPhone 5s, 5cで使えるLTE周波数

ソフト
バンク
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
40MHz
70MHz
70MHz

現在のiPhone 5s 5c で使えるLTE対応周波数は、右の表のとおりです。

周波数をもっているだけで、基地局数が少ない帯域もあります。

iPhone 5s 5cで使えるLTEの電波を吹いている基地局数で比較すると、現在はKDDIが有利になっています。

現在、iPhone 5s, 5cで使えるLTE基地局数 (現在)

ソフバン
+EM

NTTドコモ
au(KDDI)
800M帯
-

0.23.1
1.7G帯0.9
0-
2.1G帯2.9
3.22.1
合計
3.8万局 

3.4万 局  5.2万局


これが現状ですが、各社ともLTE拡張計画をもっていますので、1年後にどうなっているかを考えてみました。

NTTドコモは1.7Gを10月拡張

を2013年10月から、現在3Gに使っている1.7GHzをLTE化するそうです。

ソフトバンクは900Mを来年拡張

2014年4月から7月頃に、900MHz帯でのLTEを開始するそうです(Softbankの900MHzは2014年4月)。


7GBの壁を超えたau

data-share-plan.PNG

LTE通信は、月間7GBを超えると速度制限なのは、各社横並びですが、KDDIが9GBまで速度制限無しの「データシェアプラン」を発表しました。

「データシェアプラン」は、スマホとタブレット2台持ちの人が、2台合計で9GBまで制限なし使えるようになるプラン。月額1050で、月間データ容量9GBまでOKになります。

「データシェアプラン」では、タブレットの月額が1050円(2992円ですが、機種変更でタブレットを購入した場合2年間月1050円)で利用できます。

「データシェアプラン」の2GBとスマホの7GBと合わせて月間データ容量9GBまでOKになります。


Softbankの900MHzは2014年4月

iPhone 5s, 5c が対応している900MHz帯の利用開始は2014年4月の予定で進んでいます。

ソフトバンクがプラチナバンド900MHz 帯で15MHz幅のサービス開始するためには、現在MCAやRFIDの免許局・登録局を持っている人・企業と交渉し、900MHz 帯を携帯用に空けてもらう必要があります。

空けてもらうための立ち退き交渉の2013年6月末までの状況を、ソフトバンクが総務省に報告した資料および、総務省の見解をみると、「2014年3月末を目標とする全体の実施完了には支障ない」としています。

この報告のとおりなら、遅くとも2014年3月末までには900MHz帯を使っているMCAやRFIDが無くなり、遅くとも2014年4月からは携帯用に、プラチナバンド900MHz 帯が利用開始できるということです。

遅くとも2014年4月からは、ソフトバンクのiPhone 5s, 5cも、5MHz(37.5Mbps)の制約なしのプラチナバンド対応が可能になりそうです。

ソフトバンクは、「開設計画自体は平成26年(2014年)7月の予定です。」という報道もあります。
4月に900MHz帯が開いても、即サービス開始にはならないかもしれません。

iPhone 5s 5c 対応周波数

iPhone 5s, 5cで使えるLTE周波数

ソフト
バンク
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
40MHz
70MHz
70MHz

iPhone 5s 5c のLTE対応周波数幅では、ドコモとau が70MHzとなり、ソフトバンクより有利になっています。

旧iPhone 5は、ソフトバンク版も、au版も、40MHz幅でしたので、1.75倍になりした。

なお、ソフトバンクのiPhone5s,cは40MHz幅のままで旧iPhone 5と変化ありませんが、ソフバンにイーモバイルを足すと70Hz になり同等になります。



ソフバン
+EM
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
1.7G帯15+1520+20-
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
70MHz70MHz70MHz

ドコモとauが使う70MHz幅の内30MHz幅はプラチナバンドLTEです。

auはドコモより低い周波数が使えるので若干有利かもしれません。

ソフバンでもイーモバでもプラチナバンドのLTEは今のところ使えません。

ドコモの1.7GHz帯ではLTEが使えません。


各社が使っている周波数は、携帯各社の電波利用状況のとおりです。

iPhone5s(モデルA1530)も、iPhone5c(モデル1529)も、TD-LTE対応版が存在しますが、対応周波数は、Band38,39,40のみ。

日本でTD-LTE用に使っているBand 41には対応していません。 日本持ってきてもTD-LTEは使えません。

Band 38
2570 MHz - 2620 MHz
50 MHz
中国 ChinaMobile
Band 39
1880 MHz - 1920 MHz
40 MHz
中国 ChinaMobile
Band 40
2300 MHz - 2400 MHz
100 MHz
米国 Clearwire
Band 41
2496 MHz - 2690 MHz
194 MHz
日本 WCP, UQ

ドコモのiPhone発売は9月20日からと、Appleが発表しました。

  • ドコモが20日から発売するのは、iPhone5s と iPhone5c
  • 予約受付は13日から
  • WEBで予約も可能
    (ドコモPremier Club でPremier Stageのユーザ限定で3万台まで)


携帯端末からの情報収集

ドコモが携帯からの情報収集を始めます(ドコモの発表)。

携帯各社が収集している情報には以下のようなものがあります。

ドコモが収集するデータ

  • 位置情報
  • 利用者の年齢、性別、住所

収集に際しては、非識別化処理、集計処理、秘匿処理をドコモ内部で実行し、プライバシー保護に配慮した統計情報とするそうです。

ソフトバンクが収集するデータ

  • 位置情報
  • 接続状況などの利用環境
  • 閲覧履歴、検索条件
  • Twitter ID、送信日時、Tweet内容

au が収集するデータ

  • 位置情報、エリア品質、電波状況、通信速度
  • SIM識別子、端末機種

衛星電話内蔵 iPhone5ケース

iPhone 5 のケースに内蔵した衛星電話をソフトバンクが明日から発売します。

衛星電話機能をiPhone 5 のケースに組み込み、iPhone 5をはめ込んでBluetoothで接続し、iPhone 用専用アプリを使って衛星電話と衛星SMSを、iPhone 5で利用できるようになる製品です。

  • 本ケース(幅×高さ×厚さ、重さ) 69 × 142 × 31mm、227g
  • iPhone5(幅×高さ×厚さ、重さ)58.6×123.8×7.6 mm、112 g

ケースを付けると重さ3倍、厚さ4倍、高さ1.14倍 幅1.17倍mになります。

THURAYA製iPhone5ケース

このケースは、スラーヤ製。

スラーヤを使ったソフバンの衛星電話料金は、以下のとおです。

衛星電話バリュープラン
基本使用料 4,900円/月
無料通信 1,000円/月
通話料(国内発・海外発) 160円/分
SMS通信料(国内発・海外発)  70円/通
データ通信料   2円/1Kバイト

MicrosoftがNokia買収

Microsoft(米)が、Nokia(フィンランド)の携帯電話事業を約7,080億円(54.4億ユーロ)で買収すると9月3日発表しました。

Micrsoftが買い取るNokiaの携帯電話事業は、Nokiaの全売上高の約50%を占める中核事業です。

またMicrosoftは、Nokiaから約3万2,000人の従業員を受け入れるそうです。

VodafonがVerizon売却

2013Q1US-Marekt-share.PNG

イギリスのVodafonが、持っていたVerizon Wireless の株を全て売却するそうです。

  • 買い取るのはVerizon Communications
  • 売買金額は1300億ドル(13兆円)
  • 売買されるのは、Verizon株の45%(Vodafon保有分の全部)

Verizon Wirelessは、アメリカ第1位の携帯電話会社でシェア34%

右のグラフは、2013年1Qのアメリカでの携帯契約数シェアです。

2013年1Qの各社契約数は、

  1. Verizon 9890万契約
  2. AT&T  7790万契約
  3. Sprint   5390万契約
です。

ソフトバンクが、SPRINT株の78%を買った金額は216億ドル(2.2兆円)なので、今回の売買は、その6倍の金額です。

下の表は、各社が持っている周波数と、使用している方式です。

US-spectrum.PNG

各社が持っている周波数帯域は、

  1. Sprint:  204MHz 
  2. AT&T:    114MHz
  3. Verizon:104MHz
  4. T-Mobile:70MHz

になっています。

カスタム検索

月別 アーカイブ