iPhone 5s 5c 対応周波数

iPhone 5s, 5cで使えるLTE周波数

ソフト
バンク
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
40MHz
70MHz
70MHz

iPhone 5s 5c のLTE対応周波数幅では、ドコモとau が70MHzとなり、ソフトバンクより有利になっています。

旧iPhone 5は、ソフトバンク版も、au版も、40MHz幅でしたので、1.75倍になりした。

なお、ソフトバンクのiPhone5s,cは40MHz幅のままで旧iPhone 5と変化ありませんが、ソフバンにイーモバイルを足すと70Hz になり同等になります。



ソフバン
+EM
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
1.7G帯15+1520+20-
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
70MHz70MHz70MHz

ドコモとauが使う70MHz幅の内30MHz幅はプラチナバンドLTEです。

auはドコモより低い周波数が使えるので若干有利かもしれません。

ソフバンでもイーモバでもプラチナバンドのLTEは今のところ使えません。

ドコモの1.7GHz帯ではLTEが使えません。


各社が使っている周波数は、携帯各社の電波利用状況のとおりです。

下の表は、周波数帯の規格と、iPhone 5s と iPhone 5cの各モデルが対応しているLTEの周波数です

   
Band
番号
上り周波数
MHz

下り周波数
MHz
iPhone
5s
iPhone
5c
通信
事業者
3
G
P
P
E U
T M
S T
I S
中心
From
To
中心
From
To
A
1
5
3
3
A
1
4
5
3
A
1
4
5
7
A
1
5
3
0
A
1
5
3
2
A
1
4
5
6
A
1
5
0
7
A
1
5
2
9
1 1 2140 2110 2170 60 1950 1920 1980
DCM(3G/LTE)
KDDI(3G/LTE)
SB(3G/LTE)
2 2 1960 1930 1990 60 1880 1850 1910  O
 
3 3 1842 1805 1880 75 1747 1710 1785 EM(3G/LTE)
DCM(3G)
4 4 2132 2110 2155 45 1732 1710 1755  
 
  
5 5 881 869 894 25 836 824 849
6 6 880 875 885 10 835 830 840
       
7 7 2655 2620 2690 70 2535 2500 2570     
8 8 942 925 960 35 897 880 915
SB(未使用)
9 9 1862 1844.9 1879.9 35 1767 1749.9 1784.9         
10 10 2140 2110 2170 60 1740 1710 1770         
11 11 1485 1475.9 1495.9 20 1437 1427.9 1447.9          SB(3G)
KDDI(LTE)
12 12 737 729 746 17 707 699 716         
13 13 751 746 756 10 782 777 787     
14 14 763 758 768 10 793 788 798         
17 - 740 734 746 12 710 704 716     
18 - 867 860 875 15 822 815 830        KDDI (LTE)
19 19 882 875 890 15 837 830 845      DCM(LTE)
20 20 806 791 821 30 847 832 862
21 21 1503 1495.9 1510.9 15 1455 1447.9 1462.9          DCM(LTE)
22 22 3550 3510 3590 80 3450 3410 3490          
23 - 2190 2180 2200 20 2010 2000 2020         
24 - 1542 1525 1559 34 1643 1626.5 1660.5         
25 25 1962 1930 1995 65 1882 1850 1915     
26 26 876 859 894 35 831 814 849     
  
27 - 860 852 869 17 815 807 824         
28 - 780 758 803 45 725 703 748         
29 - 722 717 728 11 Downlink only         
30 - 2355 2350 2360 10 2310 2305 2315         
31 - 465 462.5 467.5 5 455 452.5 457.5         
33 A
(lo)
1910 1900 1920 20 TDD用          -
34 A
(hi)
2017 2010 2025 15 TDD用         
35 B
(lo)
1880 1850 1910 60 TDD用         
36 B
(hi)
1960 1930 1990 60 TDD用         
37 C 1920 1910 1930 20 TDD用         
38 D 2595 2570 2620 50 TDD用       
39 F 1900 1880 1920 40 TDD用       
40 E 2350 2300 2400 100 TDD用       
41 - 2593 2496 2690 194 TDD用          WCP(AXGP)
UQ(WiMAX2)
42 - 3500 3400 3600 200 TDD用         
43 - 3700 3600 3800 200 TDD用         
44 - 753 703 803 100 TDD用         



ソフバン
+EM
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
800M帯
-
15+1515+15
900M帯
15+15--
1.7G帯15+1520+20-
2.1G帯20+2020+2020+20
合計
100MHz
70MHz
70MHz

900MHz帯 (Band 8)

iPhone 5s, 5cが対応しているBand 8(900MHz帯)は、ソフトバンクがLTE用に基地局を建設中です。

8月17日現在で、30,791局建設されています(総務省のDBの検索結果)。しかし、現時点ではサービス利用されていません。

なお、30,791局は、電波の型式が5M00G7Wなので、第3世代又は3.5世代の5MHz幅の電波です。

900MHzは15MHzありますが、10MHzはMCAやRFID用に使用しており、それらが無くなる今年度まで5MHzしか使えません。

空いたらその10MHzをLTE(3.9世代なので電波形式は10M0X7W)に使用する予定です。

利用開始は2014年とされていますが、既に電波免許も得ているのでiPhone 5s, 5c発売に合わせて5M00X7Wでサービス開始することも簡単に可能なのではないかと思われます。

900MHz帯でサービスが始まれば、ソフトバンクの70MHz幅とEMの30MHzの合計で最大100MHzになります。



ソフバン
+EM+WCP
+PHS
NTT
ドコモ
au
(KDDI)
+UQ
700M帯 10+10
10+10 10+10
800M帯
-
15+15 15+15
900M帯
15+15--
1.5G帯
10+1015+1510+10
1.7G帯15+1520+20-
1.9G帯
(PHS)
35--
2.1G帯20+2020+2020+20
2.5G帯
(BWA)
30-30
合計
205MHz
(100MHz)
160MHz
(70MHz)
140MHz
(70MHz)

700MHz帯 (Band 28)

ドコモ、au、イーモバイルは、700MHz帯も持っています。

各社の周波数は、Band28ですが、iPhone 5s, 5cは対応していません。

各社の持っている周波数は右の表のとおりですが、iPhoneでLTEが使えない周波数に取り消し線をいれました。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ