携帯用電源

たき火でスマホ充電できる機器みつけました。

携帯用火力発電

たき火で発電できる火力発電機キャンプストーブは、AC電源の無い場所へ遊びに行く時は最適。

燃えるものさえあれば、電池切れの心配はありません。発電しながら料理もできます。

災害対策としても最適かも。

仕様
  • 【火力】3.4kW(低回転)、5.5kW(高回転)
  • 【USB出力】2W@5V(持続可能最大)、4W@5V(最大時)
  • 【内蔵電池】650mAh(3.7v) リチウムイオン電池
  • 【総重量】947g
  • 【サイズ】ストーブ:直径127mm×高さ210mm
  • 【付属品】付属ケーブル(パワーモジュール充電用 USB)、収納袋、ファイヤーライター(着火剤)
携帯火力発電機BioLite


大出力充電器

6A-Charger.PNG

たき火ができない街中を旅行するなら、6A出力ができるUSB充電器が便利そうです。

iPad(2A)+スマホ(1A) x 2人分+デジカメ(1A) +デジカメ(0.5A)=合計5.5A が同時に急速充電できます。

1to7-USB.PNG

7分岐USBケーブルも持って行けば、10台同時充電可能。

ACコンセント数が限られる旅先では、便利そう。

やや大きいものの、充電器を何台も持って行くより、だいぶまし。

可搬型大容量電池

たき火もできないし、AC電源がみつからず、電源難民になりそうな場合は、大型電池があります。

4A出力ができる大型モバイルバッテリーは、12V~17Vのソーラーパネルからも充電できるらしいので、山籠もりも可能かも。

パワーコンボ PG-421SP は、重さ9.5kgの巨大バッテリー。AC100Vで400W使えるので、PCも動きます。

燃料電池

Nectar」という携帯燃料電池もあります(アメリカでしか発売されていません)。

国内の燃料電池は、アクアフェアリーというのが2年以上前に発売されましたが、見かけたことはありません。

ROHMが、2013年の製品化を目指しますと2012-09-18に発表していますので、今年は何かでるかもしれません。


旅先で充電を必要とする機器が増えつづけています。

話のネタ的な電池ではなく、革新的な電源、電池を熱望しています。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ