ソフバンがT-Mobile買収検討

米No.3の携帯事業者SPRINTを買ったソフバンが、
米No.4の携帯事業者T-Mobileも買収することを検討していると、ロイターウォールストリートジャーナルが報道しています。

Softbank(Sprint)がTmobile買収を検討

SPRINTは、216億ドル(2.16兆円)でソフバンに身売り。

T-Mobileは、390億ドル(3.90兆円)でAT&Tに身売りしようとしましたが、話は流れています。

流れた原因は、米政府(FCC)が買収を認可しなかったためです。

2011年のFCCの判断は、買収により米国のモバイル通信事業者が大手3社に集約されると、競争が阻害される、モバイル通信事業者は4社必要という理由でした。

FCCが競争促進のために、3社にはしないと、今も考えているなら、ソフバン(SPRINT)がT-mobileの買収すると大手は3社になるので認可されません。


最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ