携帯純増数の2割がIoT

モバイル純増数の21.5%がフォトフレームなどの携帯・スマホ以外のモノになっています。

純増 純増数 通信モジュール純増数 通信モジュールの割合
ソフトバンク 249,900 91,700 36.69%
au by KDDI 189,900 8,100 4.27%
NTTドコモ 140,200 24,900 17.76%
合計 580,000 124,700 21.50%

1月末の純増数に占める通信モジュールの割合は3社平均で21.5%でした(TCA集計)。

純増競争をする各社の努力が、モノのインターネット化 IoT(Internet of Things)を、推進しています。

特にソフトバンクは、携帯やスマホ以外の割合が多く、純増数の36.69%になっています。4.27%のKDDIに比べて8.6倍、数では11.3倍です。

累計 累計契約数 通信モジュール数累計 通信モジュールの割合
ソフトバンク 35,009,400 3,598,300 10.28%
NTTドコモ 62,321,800 3,328,100 5.34%
au 39,806,900 2,357,700 5.92%
合計 137,138,100 9,284,100 6.77%

累計でみると、3社平均は6.77%ですが、ソフトバンクは10.28%と他社の2倍近い割合になっておりIoTが進展しています。

通信モジュールの累計契約数でもソフトバンクはドコモを27万上回りNo.1になっています。

携帯電話・PHS契約数に含まれるもの

TCAが発表する毎月の純増数は「携帯電話・PHS契約数」となっていますが、以下の数値も合算されています。

  • フォトフレーム等(モバイル通信機能を持つモノ)
  • タブレット(モバイル通信機能を持つモノ)
  • モバイルルータ
  • 通信カード
  • 携帯網を提供しているMVNOの契約者数
  • プリペイド式携帯電話の契約数
  • 端末なしのSIMだけの販売数
  • 携帯電話・スマフォの契約数

1台に複数電話番号を割り振るサービスは純増数に含まない

ドコモの2in1、ソフトバンクのダブルナンバーなど、1台の端末で複数の電話番号を持つサービスは、純増数にカウントしません。

2in1は、2007年5月末のTCA集計まで純増として集計され、2007 年6月の集計以降は2in1とダブルナンバーは別掲として数値を掲載され、純増数/累計の合計値には含まれないようになりました。

この変更は、総務省が、2つの電話番号が同一名義でしか契約できない点や、料金プランがそれぞれ選べない点などの多くの制限事項を挙げ、「1契約とするのが適当」との判断を示したことによるものです。

その後、2012年1月のTCA集計までは別掲を続けていましたが、2012年2月の集計からは別掲をやめています。数値項目から外れた理由は、2in1やダブルナンバーの利用者の減少です。

両社は、純増数につながらない2in1や、ダブルナンバーをやめ、ソフトバンクはファミリー割、ドコモはプラスXi割などで契約を増やす方向に移っています。

イー・モバイルのもう1台無料キェンペーンウイルコムPlusOneキャンペーンソフトバンクのファミリー割ドコモのプラスXi割キャンペーンなど、2台目の基本料が無料になるサービスは、純増数にカウントされています。

2in1やダブルナンバーと異なり、2台目以降に1台目とは別の端末(ソフバンはSIMだけ)が必要になるため契約名義が同一(1人)でも純増数は台数分カウントされます。

MVNOの契約増はMNOでも純増にカウント

MVNOの純増数は、MNOでも純増1とカウントされます。

例:イー・モバ加入で、ソフバンも純増1,WCPも純増1

イー・モバイルのスマホは、データ通信はEMOBILE 4G-Sを使います。

EMOBILE 4G-Sは、ソフトバンクモバイルと、WCP(ソフトバンク4G)の2社のネットワークをMVNOとして利用します。したがって、3社とも純増1、合計純増3です。

例: PHS(DIGNO DUAL 2 )契約で,ソフバン,ウイルコム,WCPの3社が純増各1,合計3増
例:NTT-C OCNモバイルのSIMが1つ売れると、ドコモも純増1

フォトフレーム等

各社は、フォトフレーム専用料金プランを各社が設定して、フォトフレーム販売促進に努めています。

機能も充実させています。

  • フォトフレームにメールアドレスを付与
    • メールで写真・動画の送信
    • 送信した写真・動画がフォトパネルで「確認された時」にフォトフレームから確認メールを返信
    • フォトフレームが一定時間確認されていない時にメールでお知らせ
  • 天気予報表示
  • 緊急地震速報を自動受信データ


健康機器

健康機器にも通信モジュール搭載が進んでいます

設定が簡単

通信事業者の提供品は、WiFiの設定とか、メールアカウントの設定、地震速報のためのTV電波受信とか、いろいろ準備して設定する必要がありません。

買ってすぐ使えるのがメリットです。

フォトフレームを持ち歩く習慣のある人は、エリアが広い3G対応フォトフレームだと利用が便利です。

モビリティは以外に必要かも

家に置きっぱなしのフォトフレームなどはWiFiで十分な気がしますが、映画タイタニックでは、年老いたローズが調査船にフォトフレームや金魚などを持ち込んでいました。

持ち歩かないと思うモノにも、以外にモビリティが必要なのもしれません。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ