2014年4月アーカイブ

auのVoLTEは、3G回線への切り替えのない常時VoLTEとなるようです。

「VoLTEから切り替わらないようにしたいという思いが強く、実は3Gへフォールバックが無いVoLTEの仕組みを導入する」 というKDDIの田中社長が発言がIT Proの記事に掲載されています。

KDDIが、総務省に提出した資料(「VoLTEについて」平成24年4月27日)には、SRVCC:Single Radio Voice Call Continuityによる3Gのフォールバックが記載されています。

KDDI-SRVCC.png

VoLTE通話中に、LTEエリアから3Gしか使えないエリアに移動してしまった場合は、3G 回線に自動切り替えして、通話を継続するのが、SRVCCです。

3Gへフォールバックが無いVoLTEであれば、SRVCC無しのシンプルな構成になります。


高いLTE接続率を背景にした選択

昨年下期の段階で、auのLTE接続率は、OpenSignaの調査によると86.3%でした。

今年3月には、auのLTE網の人口カバー率が99%を達成したとKDDIが発表しています。

auのLTEカバーエリアがほぼ100%近いので、VoLTE通話中に3Gしかないエリアに移動してしまった場合は、圏外扱い(切断)しても問題ないという判断のようです。

なお、ソフバンとドコモのLTE接続率は、KDDIの接続率を15%から25%下回っています(日本のLTE接続率は68%)。

したがって、3GへのダウングレードなしのVoLTEを選択するのは、auだけだと思われます。

ドコモ、インドから撤退

ドコモが2667億円を出資して進出したインドから撤退を決めました。

ドコモは2009年と11年にタタ・テレサービシズ(TTSL)の発行済株式合計26.5%を2667億円で取得 しました。この株式を全て売却します。

インドの成長力に期待してインドに進出したものの競合会社が多く、激しい競争にさらされ、約5年間たっても収益が改善せず、撤退を決めたとのこと。

2013年12月のタタのシェアは、7.14%で7位に低迷しています。

インドのモバイル契約数は8億8574万いますが、7.14%だと0.6億です。

Service_Provider_Share_of_India.png

4K TV放送開始

4Kテレビ放送が2014年6月から始まります(J:COMの発表)。

4K-size.png

モバイルでも4Kは意味がある

1つ1つの画素が識別できてしまうと、画面が粗く感じられます。

AppleのRetinaの画素(0.078mm)は、視力1.0の人なら26cmまで近づくと識別できてしまいます。

iPad miniに4K の画像を表示させる場合、1画素は、約0.041mm x 0.055mmになります。

0.041mmの画素を実際に目で識別できる距離は、15cmから30cmです。

  • 視力1.0: 15cmの距離から0.045 mmまで識別可能
  • 視力1.5: 20cmの距離から0.040 mm まで識別可能
  • 視力2.0: 30cmの距離から0.045 mmまで識別可能

20cm 30cmの距離から見ても滑らかな画像に見えるためには、4Kの解像度は必要です。

視力(目の分解能)

Visual-aculity.png

日本の視力検査は、5m離れたところ場所から、円の一部が1.5mm幅で切れている環をから見て正確に切れている方向がわかる能力を「視力1.0」としています。環の直径は7.5mm、太さは1.5mmです。

5メートルで1.5mmの識別ですので、0.0172度(1/60度)の分解能です。

視力2.0なら0.00859度(1/120度)の分解能があります。

絵文字が統一され698種に

emoji.png

日本の携帯PHS 6社が、絵文字のコードをUnicode対応 にし、絵文字の数と種類を共通化します
(NTTドコモ、 KDDI&沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコム連名の発表)

これにより、異なる携帯会社の携帯にSMSを送った場合、絵文字が「〓」表示や、異なる絵文字や単なる文字に置き換わってしまうことがなくなります。

デザインは2種類

同じ文字コードでも、デザインは完全に統一されておらず、やや異なる2種類デザインになります。ドコモ&KDDIは同じデザイン(右図の左列)で、ソフバン系3社のデザイン(右図の右列)とはやや異なるデザインになっています。

絵文字数は698種に増加

統一に際して、各社が自社に無くて、他社にある絵文字を取り込んだので、絵文字の種類は増えています。

  • ドコモ:252種からから698種に増加
  • KDDI:390種からから698種に増加
  • ソフバン:471種から698種に増加

対応機種はAndroid 4.4搭載機から

698種に増えた統一絵文字に対応できるのは、「AQUOS Xx 304SH」などのAndorid アンドロイド4.4搭載のスマホです。

4.4搭載機は、各社から5月下旬以降に発売されます。

iPhone は、Apple Color EmojiがUnicodeから若干ずれていますが、今後どうなるかは不明です。

spモードがらみの文字化けは別問題

今回は、Unicodeへのマッピングですので、それ以外の文字コードを使う端末でのメールは恩恵を受けません。

Unicodeを使うiPhone間のメールであっても、ドコモのspモードがからむと文字化けがおきます。

ドコモのspモードで、ソフバンまたはauのiPhoneからメールを受け取る際は、サーバでUnicodeからspモード用のShift_JISに変換されたメールを受け取ります。

SPモードメールに対応していないiPhoneアプリが、spモードメールで絵文字を送信した場合、絵文字を「Shift_JISの未定義領域の文字」として機械的にUnicodeの私用領域にマッピングするので、文字化けがおきます。

ソフバンなのでiPhoneが、spモードメールを受信した場合も、Shift_JISでの絵文字を認識できず、受信した絵文字がゲタ(〓)表示になってしまいます。

ドコモのspモードがShift_JISの世界から抜け出さない限り、これらの問題は解決しそうもありません。

SDNでスマホをVPNに組み込む

Arcstar Universal One Virtual.png

NTTコミュニケーションが、SDNの提供開始を発表しました。

4月25日から提供開始するSDNは、「Arcstar Universal One Virtual」(以下AUOV)です。

AUOVは、スマホにも対応していますので、スマホをSDNベースのクローズドネットワーク(VPN:Virtual Private Network)に組み込むことができます。

日本のLTE接続率は68%

Time-on-LTE-by-county.png

LTE接続率の世界比較を、OpenSignalが発表しました。

日本のLTE接続率は、68%で世界4位でした。

今年開始されるVoLTEでの通話が期待できるのは68%程度になりそうです。

通信事業者別にLTE接続率をみると、

  • au86.3%で世界4位
  • ソフバン71.1%で13位
  • ドコモ61.8%で18位

となっています。

Time-on-LTE.png
KDDI ドコモ
2014年 夏 2,500局 500局
2015年3月 20,000局  2,000局

KDDIが「受信最大速度150Mbpsエリアを一気に全国へ拡大」すると発表しました。

KDDIは、夏に2500局、年度末までに2万局を150Mbps対応にする計画です。

ドコモの150Mbps化計画

ドコモとKDDIは、最大150MbpsのLTEを提供中(ソフバンは最大110Mbps)していますが、150Mbps対応エリアが一気に全国にレベルに広がりそうです。

150Mbps対応をしている2社の計画を比較すると、KDDI基地局の150Mbps化計画は、ドコモ計画(左の図)の5倍から10倍になっています。

人口カバー率は95%超

KDDIが3月末に2万局を150Mbps化すると、2014年4月21日時点のイー・モバイル基地局数14,941の134%になります。したがって、auの150Mbps 絵エリアの人口カバー率は、イー・モバイルの人口カバー率95%を超えるものと思われます。

月間7GBは、そろそろ限界

月間7GBは、スマホのデータ通信量制限として一般的な値ですが、実際のデータ通信量は、1台平均6.2GBになっているそうです。

基地局運用費用に占める回線費用の割合

右は、KDDIが総務省の公聴会で提示した、auのスマホ1台あたりのデータ通信量を示したグラフです。

6.2GBのうち、3.5GBはWi-Fiを使っての通信なので、月間7GB制限の対象外です。

月間7GBの制限にひっかかるのは、LTEや3Gを使った通信量、月間2.7GBですので、まだまだ余裕はあります。

とはいえ、Wi-FiをOFFにしたままで使っている人は、7GBの制限が気になるレベルです。

MVNOのシェア10%目前

総務省がMVNOの市場参入状況を公表しました。

MVNOのシェアはモバイル契約者数1 億 5,325 万の9%1,375万契約になったそうです。

2年前は600万契約だったので、2年で2.3倍に急成長です。

MVNOの契約者数は、Eモバイルの契約数449.7万と、ウイルコム578.6万の合計1028万の1.3倍以上になっています。


MVNO契約者数の推移
カスタム検索