auが150Mbpsエリアを全国に拡大

KDDI ドコモ
2014年 夏 2,500局 500局
2015年3月 20,000局  2,000局

KDDIが「受信最大速度150Mbpsエリアを一気に全国へ拡大」すると発表しました。

KDDIは、夏に2500局、年度末までに2万局を150Mbps対応にする計画です。

ドコモの150Mbps化計画

ドコモとKDDIは、最大150MbpsのLTEを提供中(ソフバンは最大110Mbps)していますが、150Mbps対応エリアが一気に全国にレベルに広がりそうです。

150Mbps対応をしている2社の計画を比較すると、KDDI基地局の150Mbps化計画は、ドコモ計画(左の図)の5倍から10倍になっています。

人口カバー率は95%超

KDDIが3月末に2万局を150Mbps化すると、2014年4月21日時点のイー・モバイル基地局数14,941の134%になります。したがって、auの150Mbps 絵エリアの人口カバー率は、イー・モバイルの人口カバー率95%を超えるものと思われます。

au 150Mbps対応エリアには、2014年2月末の数字として483地点がリストされています。

これは、キャリアアグリゲーション(CA)を使わず、2.1GHz帯20MHzを使って150Mbpsを提供しているエリアです。

2.1GHz単独150Mbps化に加えて、CAによる150Mbps化も実施して、一気に人口カバー率95%超まで拡大するのがKDDIの計画です。

CA対応局は現在700局程度だそうです。

現時点での各社の最大速度は以下のとおりです。


下り最大
(グループ)
下り最大
(個社)
網運営会社 利用帯域 Band
ドコモ
150 Mbps  150Mbps ドコモ 1.7GHz B3
KDDI
グループ
150 Mbps  150Mbps KDDI 2.1GHz B1
 110Mbps UQ 2.5GHz B41
ソフトバンク
グループ
110Mbps 75Mbps SBM 2.1GHz B1
75Mbps Eアクセス 1.7GHz B3
110Mbps WCP 2.5GHz B41

auのスマホでも、キャリアアグリゲーションによる150Mbps対応する機種は、今は無く。今年の夏モデルに対応機種がでるそうです。

現時点では、ドコモ版iPhoneもKDDI版iPhoneも150Mbps対応になっていませんので、iPhoneユーザには150Mbpsは縁の無い話です。

ソフトバンクが、150Mbps対応をする気配が無いのは、iPhoneが対応していないからかもしれません。

今年の晩夏もしくは初秋に発売されるという噂のiPhone 6が、150Mbps対応になっているのか、キャリアアグリゲーション対応になっているのかが気になります。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ