絵文字が統一され698種に

emoji.png

日本の携帯PHS 6社が、絵文字のコードをUnicode対応 にし、絵文字の数と種類を共通化します
(NTTドコモ、 KDDI&沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコム連名の発表)

これにより、異なる携帯会社の携帯にSMSを送った場合、絵文字が「〓」表示や、異なる絵文字や単なる文字に置き換わってしまうことがなくなります。

デザインは2種類

同じ文字コードでも、デザインは完全に統一されておらず、やや異なる2種類デザインになります。ドコモ&KDDIは同じデザイン(右図の左列)で、ソフバン系3社のデザイン(右図の右列)とはやや異なるデザインになっています。

絵文字数は698種に増加

統一に際して、各社が自社に無くて、他社にある絵文字を取り込んだので、絵文字の種類は増えています。

  • ドコモ:252種からから698種に増加
  • KDDI:390種からから698種に増加
  • ソフバン:471種から698種に増加

対応機種はAndroid 4.4搭載機から

698種に増えた統一絵文字に対応できるのは、「AQUOS Xx 304SH」などのAndorid アンドロイド4.4搭載のスマホです。

4.4搭載機は、各社から5月下旬以降に発売されます。

iPhone は、Apple Color EmojiがUnicodeから若干ずれていますが、今後どうなるかは不明です。

spモードがらみの文字化けは別問題

今回は、Unicodeへのマッピングですので、それ以外の文字コードを使う端末でのメールは恩恵を受けません。

Unicodeを使うiPhone間のメールであっても、ドコモのspモードがからむと文字化けがおきます。

ドコモのspモードで、ソフバンまたはauのiPhoneからメールを受け取る際は、サーバでUnicodeからspモード用のShift_JISに変換されたメールを受け取ります。

SPモードメールに対応していないiPhoneアプリが、spモードメールで絵文字を送信した場合、絵文字を「Shift_JISの未定義領域の文字」として機械的にUnicodeの私用領域にマッピングするので、文字化けがおきます。

ソフバンなのでiPhoneが、spモードメールを受信した場合も、Shift_JISでの絵文字を認識できず、受信した絵文字がゲタ(〓)表示になってしまいます。

ドコモのspモードがShift_JISの世界から抜け出さない限り、これらの問題は解決しそうもありません。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索