祝:Galileo FOC 1号機打上

galileo-FOC.png

ヨーロッパ独自のGPSシステムを構築するGalileo Projectが初の本番機を打ち上げました(2機を一緒に1機のソユーズで打上げ)。

今まで、評価実験(IOV:In-Orbit Validation)衛星4機、技術試験衛星2機を打上げできましたが、本番用フル機能搭載(FOC:Full Operational Capability)衛星の打上げは、今回が初めてです。

FOC 1号機は1機約50億円、打上げ費用が約35億円です。

現在まで22機のFOC機が発注済みです。

衛星30機(27機+予備3機)体制での完成形態になるのは2017年中頃とのことです。

GNSS

現在、GPSに代表されるGNSS衛星は合計66機が軌道上にあり、将来的には132機になる予定です。

GNSS 運用 稼動
開始
フル
稼働
稼動
衛星
フル稼働
時の体制
カバー
範囲
GPS 米国 1989年 1994年 32機 32機 全世界
GLONASS ロシア 1982年 2011年 24機 24機 全世界
北斗/COMPASS 中国 2012年 2020年 5機 35機 全世界
Galireo 欧州 2014年 2017年 2機 30機 全世界
QZSS/みちびき 日本 2010年 2019年 1機 4機 日本
IRNSS インド 2014年 2016年 2機 7機 インド
合計 66機 132機

遅延の歴史

Gallieo計画は、17年以上前に始まり、2008年にはフル稼働しているはずのGNSSでした。

しかし、資金難などから、計画が遅延し、フル稼働目標を2013年にしたのもの、目標未達成でした。

2014年になってやっとFOC 1号機が打上げました。

現在まで合計で22機のFOCを発注していますが、30機には足りません。

  • 1998年 Gallireo計画始まる 2008年フル稼働目標
  • 2005年12月28日:技術試験衛星GIOVE-A打上げ
  • 2007年:修正計画を作成し、2013年フル稼働に目標再設定
  • 2008年04月27日:技術試験衛星GIOVE-B打上げ
  • 2010年:FOC機 14機一括発注(1機約50億円)
  • 2011年10月21日 IOV 1号機 GSAT 0101 打上げ
  • 2011年10月21日 IOV 2号機 GSAT 0102 打上げ
  • 2012年10月12日 IOV 3号機 GSAT 0103 打上げ
  • 2012年10月12日 IOV 4号機 GSAT 0104 打上げ
  • 2012年:FOC機 8機一括発注(1機約56億円)
  • 2014年08月22日 FOC 1号機 GSAT 0104 打上げ
  • 2014年08月22日 FOC 2号機 GSAT 0104 打上げ

Galileo IOV 衛星の諸元

  • 重量:約700 kg
  • 大きさ: 3.02 x 1.58 x 1.59 m  展開時2.74 x 14.5 x 1.59 m
  • 設計寿命: 12年以上
  • 発電能力:1.420 W
  • 軌道高度:23,222 km(中軌道衛星)
  • 軌道傾斜角:55.04度

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索