米国でWiMAX終了へ

米Sprint(ソフバンの子会社)が、WiMAXを2015年11月6日に終了することになったと報道されています。

2008年9月のWiMAX開始から6年を経て米国でWiMAXが終了になります。

UQはWiMAXからTD-LTEへシフト

エリアはWiMAX2+全力宣言

日本では、UQがWiMAXを提供していますが、すでにWiMAX2+を2013年10月31日から提供中です。

WiMAX2+は、名前はWiMAX2+ですが、中身はTD-LTEです

TD-LTE(WiMAX2+)エリアは、10月10日時点で全国47都道府県に拡大しています。

UQのエリア拡充情報のページはTD-LTE(WiMAX2+)ばかりで、WiMAX拡張の情報は、ほぼありません。

UQは、エリア全力宣言をしてエリア拡大に励んでいますが、全力をTD-LTE(WiMAX2+)に注いでいるようです

端末もTD-LTE(WiMAX2+)対応

端末も2014発売開始の製品(HWD-15NAD11)はTD-LTE(WiMAX2+)対応製品ばかりです。

TD-LTE対応のiPhone 6/6Plus でもWiMAX2+が使えます。

エリアも端末も、WiMAXからTD-LTE(WiMAX2+)へシフトしているものと思われます。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索