2014年11月アーカイブ

無料Wi-Fiスポットが増加中です。

  • 東京メトロの143駅で無料WiFiサービスが12月1日から開始
  • JR 西日本が列車内無料WiFiサービスJR-WEST_FREE_Wi-Fiを12月1日から開始
  • 小田急電鉄が無線WiFi サービスodakyu Free Wi-Fi を12月1日から箱根でも開始
  • ビックカメラが無料WiFiサービスBic_Wi2_WiFiを11月27日から開始

すでにある無料WiFiスポットは50,000箇所を超えています。

ギリギリのMVNO

MVNOが、MNOに支払う料金は、全ユーザが通信量上限まで使った場合、逆ザヤになるようです。

MNO各社の、L2接続料金のうち、回線接続料は以下のとおりです。

10Mbps単位だったり、1Mbps単位だったり様々です、ざっくり1Mbps単位の料金に丸めました

上限まで使われると7GBプランは赤字確定

来年には450Mbps対応端末販売

下り450Mbps、上り100Mbpsの端末が来年登場の見込みです。

Qualcommの発表によるとDL450Mbps・UL100MbpsのCat10対応モデム  Gobi 9X45 modemが2015年には市販されるそうです。

すでにメーカーへのサンプル出荷をしており、来年には端末に組み込まれ販売される見込みとのこと。

Gobi 9X45 modem

TDDとFDDのCAに対応

TDDとFDDのCA、下り60 MHz 3 x CA、上り40 MHz 2x CAに対応

VoLTE

VoLTE、LTE Broadcast にも対応

GPSは4システム対応に

GPSは、米国GPS, 中国Beidou, ロシア:Glonass、欧州:Galileoに対応です。

今までは、Galileo対応が無く、3システム対応でした。

日本のQZSS対応はありません。

2G,3Gに対応

LTEとLTE-A以外にも、DC-HSPA, EVDO, CDMA 1x, GSM 、TD-SCDMAに対応

Dual SIMの同時利用対応
Dual-SIM-dual-Active-Option.png

2枚のSIMを入れて、同時にアクティブにするDSDA:Dual SIM Dual Active オプション対応です。

2つの異なるキャリアを同時使用することができます。

同時利用により、個人用と会社用の2つのSIMを入れてどちらも待ちうけする、データ通信と音声を異なるキャリアで利用する、などの使い方ができます。

プロセスは20nm

前世代は28nmプロセスでしたが、20nmプロセスに微細化したそうです。


Category 10 450M/100Mに対応し、TDDとFDDのCA:Carrier Aggregation に対応したチップは、Gobi 9X45が初だそうです。

RF360ファミリー

RF360」ファミリーは LTEとLTE-A(FDD, TDD), W-CDMA, EV-DO, CDMA 1x, TD-SCDMA、GSM/EDGEに対応するパワーアンプ、アンテナスイッチ、チューナー、エンベロップトラッカー(ET)からなる製品群です。

対応周波数は、700-2700 MHzの40種類の帯域に対応しており、対応バンドはさらに拡大予定とのこと。

Gobi 9X45 と一緒に動作する「RF360」 ファミリーの 第2世代のETQFE3100 発表しています。

QFE3100 は、第1世代のQFE1100に比べてボード面積を30%縮小、消費電力も低減されたそうです。
ET

電力付加効率(PAE)を最適化し、消費電力を削減する技術

熱として放出されるエネルギーが減るので冷却要件も削減できます。

NYCが高速な公衆無線LANを整備

ニューヨーク市内に10,000基の無料Wi-Fiスポットを建設する計画をニューヨーク市が発表しました。

無料Wi-Fiスポットは大型ディスプレーを持つ広告塔型です。サイズは未公表ですが、高さは4メートルくらいありそうです。

NYC-Lynks.png


設置場所は、電話ボックスを撤去した跡に建設する計画です。電話ボックスより設置面積は小さいので歩行者の邪魔になることもないそうです。

下右のようなサイネージ省略した細身のタイプなら、さらに省スペースです。

Lynks-on-streets.png

設置密度は100メートル毎に1基

通信速度が、125Kbps から 500Kbps の格安SIMをMVNO各社が提供しています。

125Kbps ,200Kbps、 500Kbps にどんな違いや意味があるのか確認してみました。

動画は500Kbpsから

各社の3.5GHz帯利用計画

3.5GHz帯 (TDD band 42)によるサービスが2016年6月からサービス開始される見込みです。

3.5GHz帯を使った1Gbps超のサービスは2017年3月の開始が見込まれます。 

総務省が公開した、ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル3社の3.5GHz帯の電波割り当申請内容に、サービス開始の日付などが記載されています。

3.5GHz帯のTD-LTE1Gbps超のサービス
運用開始サービス
開始
運用開始サービス
開始
KDDI2016年3月2016年06月 2018年3月不明
ドコモ2016年3月2016年10月 2018年3月2018年3月
ソフバン2016年3月2016年12月 2018年3月2018年3月


KDDIだけが、3.5GHz帯のTD-LTEサービス開始が他社に先行していますが、1Gbps超のサービス開始日を明記していません。

運用開始日は3社とも同じです。

ソフトバンクは投資抑制

米でWiFi台頭

公衆無線LAN(WiFi)が、モバイルデータ通信の主力になるという報道があります。

報道には、3GやLTEの契約やめて、Wi-Fi が主流になるという予想が掲載されています。

報道の骨子は以下のとおりです。

公衆無線LAN(Wi-Fi )の普及が進み、モバイルデータ通信がWi-Fiに移行していゆく。

WI-FIへの移行により、毎月の携帯電話料金を30ドル(約3400円)以上削減できる。

「あと数年もすれば米国のほとんどの消費者は、LTE契約を打ち切ってCATV会社のWi-Fiサービスを使うことを検討するようになる」

その結果、ベライゾンのモバイルデータ通信は、2018年までに最大で4分の1がWi-Fiに移行する可能性があり、年間14億ドル(約1600億円)近い減収につながる。

日本の状況

利用者数

日本では、2013年の公衆無線LAN利用者は、1700万人を超えているそうです(ICT総研調べ)。

2016年には、2900万を超えるとも予測しています。

総務省の無線局情報が、が10月4日現在のデータに更新されました。

new-BS-of-1H2014.png

このデータから、直近6ヶ月(2014年度上期)の基地局新設数を数えてみると、 携帯各社が新規に免許申請をして開設した局は、4万887局でした。

このうち、KDDIグループの新設数が24,436局で全体の60%を占めています。

ソフバングループは24%、ドコモが16%でした。

iPhone6でWCPとUQが急増

モバイル契約者数(2014年9月末)を各社が公表しました。

WCP(Wireless City Planning)とUQコミュニケーションの純増数が、他社を圧倒しています。

6月末から9月末までの3ヶ月間に、WCPが125万の純増UQが97万の純増、2社合計で純増222万になっています。

これは、ドコモKDDIソフトバンクの3社の純増数合計187万を上回る数字です。

  1. 1,247,800   WCP
  2.    970,700   UQ
  3.    733,800  ドコモ
  4.    574,300  KDDI
  5.    565,000  ソフバン
  6.    110,000  Eモバ(Y!mobile)
  7.   -46,000  PHS(Y!mobile)

右のグラフは、各社の累計契約者数推移ですドコモ、au、ソフバンは左の第1軸、PHS, WCP, UQ, Eモバは、右の第2軸です

右はしの2014年9月末の部分で、WCPとUQが顕著な右肩上がりになっています。

WCPの純増125万は、6月末の累計契約者の32%に相当します。

UQの純増97万は、6月末の累計契約者数の23%に相当します。

その結果、2014年9月の累計契約者数は、

  1. 6430万 ドコモ
  2. 4160万 KDDI
  3. 3705万 ソフバン
  4.   547万 PHS
  5.   521万 WCP
  6.   512万 UQ
  7.   460万 Eモバ

になっています。

「iPhone 6/6 Plus」が2社躍進の原因

LTE-Aで200Mbps級サービス開始

ドコモとauが、来春に下り最大225Mbps化すると発表しています。

UQ、ソフバン等も200Mbpsクラスのサービス開始を発表しており、2015年のモバイルは200Mbpsが出揃う見込みです。

 会社 最大速度
(下り/上り)
増速予定時期 各社の発表
ドコモ 225 / 50 Mbps 2015年1Q  ドコモの発表2014年10月8日
au 225 / 50 Mbps 2015年春 KDDIの発表2014年10月31日
UQ 220 / 10 Mbps2015年春 UQの発表2014年10月27日
ソフバン 187.5/ 37.5 Mbps 2015年以降
決まり次第別途案内
ソフバンの発表2014年8月29日
WCP
ソフトバンク4G
165 / 10 Mbps 2014年9月 WCPの発表2014年8月29日

上りの差は5倍

上り速度は、10Mbpsから50Mbpsまで5倍の差があります。

下りは、165Mbpsと225Mbpsの差は1.4倍以内です。

カスタム検索