2015年3月アーカイブ

MVNOへの卸価格 43%低下

MVNO向けのパケット接続料は、前年比43% 下がったそうです。

DoCoMo-Prices-for-MVNO.png
  • L3接続が、43%ダウンで月額 102万/10Mbps
  • L2接続が、24%ダウンで月額  94.5万/10Mbps

L2接続の下げ率が小さく、L3接続との差が縮まっています。

L2はL3より、8%安いだけです。

前年は、

  • L3接続が、57%ダウンで月額 123万/10Mbps
  • L2接続が、51%ダウンで月額 180万/10Mbps

だったので、L2はL3より30%安くなっていました。

SIMの自販機登場

SIMの自動販売機を、N-COMが関空と、お台場に設置しました(N-COMの発表)。

SIM vending machine.png

本人確認は、パスポートのスキャンにより行います。

契約者情報も、パスワードからの読み込み。

支払いはクレジットカードのみです。

SIMは、以下の2種類

  • Prepaid SIM for JAPAN   7日間 3,450円(税抜)
  • Prepaid SIM for JAPAN 14日間 4,950円(税抜)

48層積層プロセスの3次元フラッシュメモリサンプルを出荷開始したと、東芝が発表しました。

今までは、サムスンが昨年から量産している32層の積層チップが、3次元のNANDフラッシュメモリーでは最多積層数でした。

1チップの容量は、128Gbitです(サムスンは3bit/cell  MLCで32層 128Gbit、東芝は2bit/cell のMLCで48層 128Gbit)

積層化は垂直チャネル型

IIJが、KDDIのMVNOに

NTTグループのIIJが、KDDI(au 4G LTE網)を使ったMVNOを開始すると発表しました。

IIJの法人向けMVNOサービスIIJモバイルサービスでは、3大MNOが選択可能になります。

Type K は法人向けのIIJモバイルサービスだけで、個人向けサービスのIIJmioでのKDDI回線の取り扱いはありません。

Type D,E,K を比較すると、下り最大速度が異なっています。

基地局予備電源の76時間化

ドコモが、基地局電源の76時間化を発表しました。

72H-backup-power-supply-for-BS.png

35局(大阪府5局、兵庫県16局、和歌山県14局)の基地局の基盤を強化し、燃料電池で76時間稼働を可能にしたと発表しています。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクは、3社とも停電強化エリアは24時間稼働で横並びです。

強化エリア外では、3時間程度になっていますが、ドコモは強化エリア外の一般エリアの基地局を76時間化し、広域をカバーしたそうです。

一般エリアの基地局の停電対策を強化し広域をカバーするのは、おそらく初です。

法律による基地局予備電源の規定

MVNOのデータ増量相次ぐ

通信量を増量するMVNOが増えてきました。月間2GBで1,000円/月程度の料金水準が、月間3GBで1,000円/月の水準になってきました。通信上限50%UPです。

月間15GBで1,800円、1GBあたり月額120円というプランも登場しています。

MNOは、1GBあたり月額750円が最安値です。
増量キャンペーンでも1GBあたりの月額650円を超えています。

MVNOの新料金

iCloudも4時間障害

昨日は、iTunesだけでなく、iCloud も4時間にわたってトラブっていたようです。

Appleの「Apple Services, Stores, and iCloud」サイトをみると、iTunesが11時間、iCloudが4時間の障害だったことがわかります。

災害時の端末間通信

ドコモがBluetooth(BLE)を使ったP2Pアプリを試作したと発表しました。
災害時に圏外になった際に、近くの携帯とBLEで通信をすることを想定した、災害対策アプリとしての試作です。

携帯電話網が使えない時の通信手段は、既にいくつかあります。

LTE Direct

免許不要帯域でLTEを利用するLTE-U(LTE -Unlicensed spectrum)対応チップセットを年内に出荷するとQualcommが発表しました。

5GHzのWi-Fiへトラフィックをオフロードするのではなく、電波免許不要の5GHzをLTEで利用するためのLTE-U対応のチップセットです。

5GHz帯を利用している802.11a/n/ac などのWi-Fi機器とLTEが共存する方法は何種類かあります。

LTE-U・ LAA -  Wi-Fi と LTE の共存方法

ディズニー・モバイル終了

ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク」(ディズニー・モバイル)を2017年後半に終了する予定とソフトバンクとディズニー・ジャパンが発表しました。

Disney mobiles.png

サービス終了後は音声通話とデータ通信などの携帯電話サービスが全て使えなくなります。

今のところ、ディズニー・モバイル・オン・ドコモについての発表はありません。

ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンク」(は、2008年3月開業のMVNOです。

終了理由は、ディズニー専用端末だけでなく、iPhone等を使いたいというニーズに応えるためとしています。

カスタム検索

月別 アーカイブ