アメリカでWiMAX終了

アメリカでWiMAXが終了します。

UQコミュニケーションズが、北米でのWiMAX終了をアナウンスしました。

北米でのWiMAXが10月末で終了し、WiMAXの海外ローミングができるのは、韓国だけになります。

国内でもWiMAX縮小

日本国内でも、WiMAXの帯域削減を、大都市圏で始めるとUQコミュニケーションズが発表しています。

これにより、WiMAX2+の220Mbpエリアが拡大しますが、WiMAXの下り最大速度が40Mbpsから13.3Mbpsに減速します。

UQコミュニケーションズが、TD-LTEを「WiMAX2+」と命名していますが、この名称だけを残して、WiMAXがフェードアウトする日も近いのではないでしょうか。



最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索