Android 4.0 卒業のススメ

Android 6.0 Marshmallow搭載端末がリリースされ、Androidの世代が新しくなりました。

Androidは、最低でも2世代サポートするというAndroidのセキュリティ担当エンジニアの投稿があります。

サポートが保障される2世代が、Android 5 LollipopAndroid 6 Marshmallow の2世代となると、Android 4.0 Ice Cream Sandwichのサポートはベストエフォートになってきそうですので、Android 4.0からの卒業準備を進めたほうが良いようです。

AndroidのEnd of Life

旧版のAndroidのサポート期限は相変わらず公表されていません。

上記のAdrianさんの2015年1月24の投稿原文は

We provide patches for the current branch of Android in the Android Open Source Project (AOSP)[https://source.android.com/] and directly provide Android partners with patches for at least the last two major versions of the operating system.

となっています。

最低でも2世代だとGoogleのエンジニアのAdrianさんが投稿して一般公開しているので、2世代は安心して良いかと思います。

3世代前がどうなるかは、Googleの GoogleのAndroid for Education sサイトEnd of Life policyというページが参考になります。

 Android タブレットのサポートはリリースから最低3年間ということのようです。

「EOL dates may be pushed later than the initial date published, but will never be sooner than listed, which will be at least 3 years for Android tablets for education and 5 years for Chrome devices from launch of the hardware.」 


Androidは、最新の2世代はサポート、それより古いバージョンははリリースから3年まではサポート、それより古いものはベストエフォートと考えられます。

Android の各バージョンのSDKリリース日を見ると、Androd 4.1 Jelly Bean のSDKリリースが3年前の2012年6月27日です。Androd 4.1 Jelly Beans搭載のNexus 7が発売されたのも3年前の2012年7月です。

Android 4.0を初めて搭載したGalaxy Nexusの発売開始は、4年前の2011年11月です。

Android_Versions.png

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ