MVNO 契約数 3600突破

国内のMVNO回線契約数が、3600万を突破したとMM総研が発表しました。


MVNO回線契約数(総計)

3600万回線のうち、独立系MVNOが、独自の料金プランで提供する独自サービス型SIMの回線契約数は、405万回線です。

独立系MVNOの独自サービス型SIMの回線契約数

独自サービス型SIMの回線契約数は、今後2年で2倍になるとMM総研は予想しています。

MVNO回線契約数3600万のうち、2567万回線は、BWA(UQコミュニケーションと、WCPの2社)の回線契約数です。

BWAの契約数、3倍に激増

BWAの契約者数は、UQも、WCPも昨年9月からの1年間で、3倍に激増しています。

BWA-subscribers.png

TD-LTE対応のiPhone 6が発売され、auはUQのWiMAX2+(TD-LTE)を、ソフバンはWCPのAXGP(TD-LTE)をMVNOとして利用し始めたことが激増の背景です。

最近のブログ記事

Bluetooth 5
Bluetooth 5 をBluet…
auから1980円プラン
h4{ font-size:120…
格安SIMシェア上位3社で45%
格安SIMのシェア調査結果を、ICT総研…
カスタム検索