米上院がモバイル用帯域拡大を決議

アメリカが、Wi-Fiで利用できる帯域の拡大を推進します。

100MHz以上の帯域を免許不要で利用できる帯域として確保することを〈米〉上院商業委員会が「Mobile Now Act」を決議しました。
Wi-Fi Allianceは、この決議の歓迎を表明しています。

決議(Mobile Now Act)の内容は、

  • 6GHz以下の帯域に商用通信用に255MHz幅を2020年までに確保する
     (3.1-3.5 GHz と 3.7-4.2 GHz が候補)
  • 新帯域の内、100MHz幅以上の帯域を、免許不要で利用できる帯域として確保する
  • 新帯域の内、100 MHz幅を、商用モバイル通信用(周波数オークション用)に確保する
  • 24 GHz, 25 GHz, 32 GHz, 70 GHz ,80 GHz 帯の利用の検討を促進する

といった内容です。

〈米〉上院商業委員会は周波数の配分を決定できませんので、この決議(Mobile Now Act)は、FCC と NTIA に決議内容にそった行動を促すものです。

FCC:連邦通信委員会The Federal Communications Commission
NTIA:国家通信情報管理局The National Telecommunications and Information Administration

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ