熊本地震の被害状況(通信)

熊本地震の被害状況を総務省が発表しました。

通信関係の4月19 日(火)13:30現在での被害状況は以下のとおりです。

携帯とPHS  201局が停波

ドコモとKDDIは、全ての市町村役場をカバー

201局の内訳
  • ソフバン:164局停波
  • 携帯111局停波(停電:25局、伝送路断:86局 )
  • PHS  53局
  • KDDI : 21局停波(停電:13局、伝送路断:7局、詳細確認中:1局)
  • ドコモ :16局停波(停電:12局、伝送路断:4局)

固定電話、回線

  • ソフトバンク: 専用線:10回線 ADSL:936回線普通
  • NTT西日本: 300回線不通
  • KDDI:  被害なし
  • NTT -C: 被害なし

避難所での通信

携帯電話による通信は、概ね可能な状況。

ただし、ソフトバンクについては、避難所7箇所で疎通確認ができない状況。

【ソフトバンクの復旧に向けた対応状況】
  現在、通信確保を目的に、周辺局復旧及び臨時基地局設置を実施中

臨時設備

通信事業者が、以下をを避難所及び行政機関に配備。

  • 特設公衆電話を合計34台
  • 衛星携帯電話を合計 469台
  • ポータブル衛星装置(固定電話)合計43台
  • 無料公衆無線 LAN(Wi-Fi)アクセスポイントを合計約169台
  • 携帯電話充電器(マルチチャージャ)を合計約186台

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ