統一SSID「00000JAPAN」

00000JAPAN運用中

災害用統一SSID 「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)を、携帯電話3社(NTTドコモ、NTTドコモソフトバンク)が、運用中です。

熊本県内や九州地方で、3社が提供する公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を無料で開放しています。

「00000JAPAN」(ゼロは5つ)というSSIDが見えれば、契約に関係なく、携帯でもPCでも、Wi-Fi接続できます。

パスワードなどはありません。

 災害用統一SSIDは、東日本大震災の体験を元に、大規模災害が発生した際に、事業者が災害用として統一のSSID『00000JAPAN』に切り替えた公衆無線LANを全てのユーザに開放することで、被災者が「事業者との契約の有無に関わらず」 公衆無線LANを利用する為の一助になることを期待して設けられました。

ガイドラインが、各社に期待していることは、シンプルです。

  • 災害時に、Wi-FiのAPからパスワード無しのSSID 「00000JAPAN」をブロードキャストして欲しい
  • 普段から「00000JAPAN」より上位にくるSSIDを使わなないで欲しい、「00000JAPAN」が一番上に来て直ぐにみつけやくすなるように。
  • 同じSSIDを使うことによるブラックホール問題を避けるために、AP に直接接続される上位回線が切断された場合無線 LAN を停止する機能を実装していないAPは、「00000JAPAN」をブロードキャストしないで欲しい。
災害用統一SSID 「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)を、広く知ってもらうために、

「災害用の統一 SSID「00000JAPAN」を普及させていくことは、国 民の防災・減災に寄与することは勿論のこと、訪日外国人旅行者の災害 時における利便性・安全性確保等に繋がることから、早期普及に努める ことが望ましい。」

大規模災害発生時における公衆無線 LAN の無料開放に関するガイドライン 第 2.0 版 平成 27 年 3 月 2 日 無線 LAN ビジネス推進連絡会」にあります。

パスワード無しで解放する際のセキュリティは、

「大規模災害時においては、一人でも多くの人に通信手段や災害情報を提供する観点から、利便性を重視しつつ、どのようなセキュリティ対策を講ずべきかという視点で継続検討する」

としています。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ