160Tbpsの海底ケーブル

通信容量は160Tbpsの大西洋横断ケーブル「MAREA」を、MicrosoftとFacebookが敷設します(Microsoftの発表)。

160Tbpsは、日本を通る太平洋横断ケーブル全てを合計した総通信容量を超えます。

太平洋横断ケーブル一覧

システム名 開通年 容量 オーナー
NCP:New Cross Pacific
Cable System
2017 80Tbps Korea Telecom,Microsoft 他
FASTER 2016 60Tbps Google,KDDI 他
Unity 2010 7.68Tbps Google,KDDI 他
TPE:Trans-Pacific Express 2008 5.12Tbps China Unicom、NTT他
TGN-Pacific 2002 1.6Tbps Tata他
Japan-US Cable Network 2001 1.28Tbps KDDI,NTT,Softbank他
PC-1 2001 100Gbps NTT
China-US Cable Network 2000 80Gbos NTT他
TPC-5 Cable Network 1996 10Gbps KDDI, AT&T他
Southern Cross
Cable Network
2000 12Tbps 日本は通らず
Telecom New Zealand, SingTel 他
AAG:Asia-America Gateway 2009 1.92Tbps 日本は通らず
Telstra Endeavour
submarine cable system
2008 1.28Tbps 日本は通らず Telstra
Guam-Philippines
Cable System
1999 40Gbps 日本は通らず
Honotua 2010 80Gbos 日本は通らず


上記の合計が、171Tbps。その内、日本を通るケーブルの合計が、156Tbpsです。

160TbpsのMAREAの開通は2017年の完成予定です。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ