月額32万円の料金プラン

月額32万1840円(税込)の料金プラン「超高速独占プラン」を、MVNOのモバレコが開始しました。

モバレコの超高速独占プラン

超高速独占プラン」は、下り最大1Mbps/上り最大1Mbpsで、使い放題のサービスです。

端末(iPhone6)代金込で、月額32万1840円(税込)です。

1Mbpsを保証

1Mbpsの帯域を独占できることが「超高速独占プラン」最大のセールスポイントです。

ドコモとモバレコ間を接続する固定回線部分で、上下とも1Mbpsの帯域保障をしています。

無線区間(RAN)が混雑していたり、圏外だった場合の保障はできません。インターネットに抜けた後のインターネット内も帯域保障外です。

ドコモが徴収する接続料は、現在月額78万円/10Mbpsですので、1Mbpsあたり月額7万8千円です。

激混みプランも提供

超高速独占プラン」と同じ通信速度下り最大1Mbps/上り最大1Mbpsで、月額298円(税抜)の「超激安激混みプラン」の提供もしています。

「他社プランの何倍も詰め込むことで、この価格を実現」したそうです。

ドコモ系MVNOは、月額1500円なら5~10Kbps

月額298円(税抜)の「超激安激混みプラン」は、「超高速独占プラン」の1000分の1の料金ですので、1Mbpsに千人詰め込んで、1ユーザあたり1Kbpsになっている可能性もあります。。

MVNOは、ARPUが1700円程度であれば、1ユーザあたり10Kbps程度までの帯域を確保可能だと思われる(MVNOの高速化限界)ので、月額298円の「超激安激混みプラン」なら1契約あたり2Kbps程度の帯域を確保しているかもしれません。

ドコモ系のMVNOがドコモに支払う料金は、同じです。したがって、各MVNOが、ドコモとの接続回線に確保できる1ユーザあたりの帯域と、料金と関係は、1Kbps~2Kbpsなら月額300円、5Kbps~10Kbpsなら月額1500といった関係になると思われます。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ