MVNOのL2接続回線

MVNOは、低料金で高速サービスが提供できません。

MNOへのL2接続料金が、インターネット接続料金のほぼ1000倍になっていることがネックです。

MVNOーMNO接続.png


それでも、高速化するために、MVNOは、L2接続に工夫をしています。

L2に専用帯域を確保する

ユーザ専用帯域をL2接続に確保しているのが、モバコレのン「超高速独占プラン」です。

L2接続に送受ともに1Mbpsの専用帯域を確保しています。しかし、料金が月額32万(税込)と高額です<(月額32万円の料金プラン) 。

「MVNO事業者が1Mの回線を借りると、それくらいの値段がしているんです」というのがモバコレの主張です。

L2接続にQoSを導入

L2接続で、プライマリユーザーの通信を優先するのが、mineoが発表したプレミアムコースです。

プレミアムコースは、昼休みなど混雑する時間帯の速度を改善するために、専用帯域を設けて提供する優先通信オプションです。

まだ400人での実験段階なので、料金や内容は未定です。

低料金ユーザーの利用を抑制する

安い料金プランの場合に、最大速度を200kbps下げて、他のユーザーの通信を圧迫しないようにしているMVNOは、多数あります。

最大速度も、200Kbps,500Kbps,3Mbpsなど様々ですが、速度を絞ってL2接続の利用を抑制するサービスです。

L3接続はMNOと横並び

MNOとのL3接続は、L2とは別世界です。

MNOに支払う料金は、1契約(ID)毎の料金になっており、接続回線の料金は従量制になっています。

卸FOMAデータプランMの場合、1IDごとに4,500円で、0.02円/パケットの料金をドコモに支払います。

高額なために太くできないL2接続回線というボトルネックがないので、高速です。

しかし、料金は、1契約月額4,500円+0.02円/パケットをドコモに支払うので、格安SIMにはなりません。

ソフトバンク回線のMVNO「U-mobile SUPER」やUQ WiMAXのMVNOの料金が、MVNOとMNOで差が無くなっているのは、このようなL3接続の料金体型が背景にあります。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ