2016年8月アーカイブ

自前HLR/HSSでのコスト削減額

ドコモがIIJにHLR/HSSを解放したことにより、IIJは、ドコモへの支払う料金を5年間で40億円から200億円削減できる可能性があります。

HLR/HSSを解放に伴う設備投資が、仮に50億円だったとしても、5年で回収できることになります。

(1)SIM貸与料で5億減

mineoがプレミアムコースのトライアルを有償化して受付再開します。

プレミアムコース無償トライアル(受け付け終了)の満足度が高かったので、商用サービス化に向けて、

  • 有償でも使ってもらえるか/正規なサービスとして商用化できるか
  • 月額800円で顧客満足度が得られるか/高すぎないか

を評価することが目的だそうです。

ドコモがHLR HSS解放

ドコモがHLR HSSをIIJに解放しました(IIJの発表)。

IIJが発表した内容

IIJがKDDIのMVNOに

IIJが、auの回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を提供開始すると発表しました。

提供開始は10月1日からです。

IIJ はドコモ回線とKDDI回線の両方でMVNOを展開することになります。

NTTドコモ回線のSIM(タイプD)とKDDI回線間のSIM(タイプA)を混在させて利用したり、タイプD/タイプA間で高速データ通信量のシェアも可能とのこと。

料金プラン

Android 7.0 Nougat へのアップデート開始をGoogleが発表しました。

Googleが発表したAndroid 7.0 の主な特徴

Chromeアプリ終息

Chromeアプリの終息をGoogleが発表しました。

今後は、高機能化したブラウザ標準でChromeアプリでしか実現できなかったことを実現していくとしています。

終息理由

IntelのARMチップ製造

IntelがARMのチップセットを製造することを発表しました。

Intelは、ARMのフィジカルIPを採用すると、発表していますので、物理的実装までARMにまかせきってしまうことになります。

QualcommのSnapdragonはARM互換ですが、ARMのアーキテクチャーライセンスを受けて開発・設計されていいるので、物理的実装はもとより、RTLレベルからQualcomm独自のSoCになっています。

ARMのIPライセンス

Band 3のLTEが47%

世界170ヶ国で利用可能になったLTEの中で、もっと利用されているのがBand 3(1800MHz)帯であるとGSAがレポートしています。

110ヶ国の246のMNOがBand3(1800MHz帯)でLTEサービスを提供中です。

246は、世界のLTE網の47%に相当するそうです。

端末もBand3対応が主流

GSMからLTEに世代交代

商用LTE網数の推移

まだまだGSMが多かった海外のモバイル網でも、LTEが主流になったと、GSAがレポートしています。

現時点で170ヶ国でLTEが利用可能であり、LTEサービスを提供するMNOは、2016年内に560社になる見込みだそうです。

現在の数値は以下のとおりです。

U-NEXTが日本通信の事業継承

日本通信のMVNO事業を、U-NEXTが引き継ぐために、両社が具体的に協議を進めるこで合意しました(U-NEXTの発表日本通信の発表)。

協議が進めば、日本通信がMVNE、U-NEXTがMVNOとなり、日本通信はb-mobileブランドで展開している個人向けMVNO事業から手を引くことになります。

U-NEXT

MNP数を総務省が公開

MNPの推移

総務省がMNP数を公開しました。

昨年度のMNPは、620万件でした。

累計では、3千801万件です。
(MNP制度が発足した2006 年 10 月 24 日からの累計)

MNP奨励金が5万円とすると、昨年度MNO支払ったMNP奨励金は3千億円

累計では、1兆9000億円がMNP奨励金として支払われたことになります。

ソフトバンクのMVNO誕生

月間
データ量
基本料
(月額)
3GB 1980円
5GB 2380円
10GB 3380円

ソフトバン網を使ったMVNOがサービスを飛騨ケーブルネットが2016年8月22日から開始します(MVNOサービス [Hitスマホ] 提供開始の案内

基本料金は右のとおりで、同社のCATV加入者は月額400円割引になります。

通話料は、国内なら30秒毎に20円。SMS送信は、1通3円です。

端末は、富士通 arrows M03、FREETEL SAMURAI MIYABI(雅)、Priori3 LTE などとなっていますが、価格は不明です。

MVNEはソフトバンクパートナーズ

楽天が携帯電話や固定電話への通話無料トライアルを発表しました。

10分までの通話なら、国内の携帯電話への通話も、固定電話への通話も無料になります。

終了日未定のトライアル(8月8日から開始し、終了は未定)となっています。

通話回数の制限はなく、10分以内なら、何回電話しても無料です。

Viber を利用

法人MVNO契約増

IIJ-mobile-IDs.png

IIJが2016年度1Qの決算を公表しました。

MVNO契約者数を見ると、個人の伸びが鈍化し、法人が急増しています。

法人契約と個人契約の合計は、前年同期比149%の1,823,940になりました。

1年前は、前年同期比191%の伸び率でしたが、伸び率は低下をつづけています。

カスタム検索

月別 アーカイブ