ドコモ500M化を再度発表

512Mbpsエリアを2017年3月に一斉展開する発表しました。

375Mbps化を公表した2015年5月当時の計画どおりにドコモがネットワーク構築を行っていることが再確認できます。

今回の発表では、500Mbpsエリアがやや具体化されています。 
2017年3月時点での500Mbps 対応局は、東京23区や名古屋市、大阪市などの70都市約1,100局での展開になるそうです。

2016年5月の256QAM解禁をうけて256QAMの採用も、4x4 MIMOの採用とともに明言しました。

DoCoMo's RAN.png


2020年に1G 超の速度を5G網で実現するというドコモの計画は、「2020年までに世界に先駆けて5Gを実現する」という総務省の方針に整合する計画です。

ドコモが計画として公表しているのは、2020年に1Gbps化することまでですが、10Gbpsを超える無線に各社が取り組んでいいますので、2020年以降も高速化が続く余地があります。

世界記録は1.9Gbps

フィンランドのELSAが、4G網での実験で1.9Gbpsを達成し、世界最速記録を樹立したと8月23日に発表しています。

商用サービスとしてELSAが提供中のモバイル網は300Mbpsです。

最近のブログ記事

基地局をドローンで設置
ドローンで運んで屋根の上に接地する基地…
端末補助金でMNOに行政指導
h2{ font-size:120%…
中国で5Gトライアル
中国100都市で5GのトライアルをCh…
カスタム検索