iPhone7 7Plusが1.5GHz対応

iPhone 7/7 Plusのスペックを見ると、1.5GHz帯(B11,B21)でのFD-LTEに対応しています。

iPhone 6/6Plusなどでは対応しておらず、iPhone 7/7 Plusで初めて1.5GHz帯に対応しました。

B11やB21に対応した端末はほとんど販売されていません。

端末が売られていないので、B11やB21はガラガラのはず。

特にB11はiPhone 7 / 7plus くらいしか対応端末がないので、iPhone 専用周波数状態になりそうです。

そこで、ドコモ、KDDI (au)、ソフトバンクのB11、B21の基地局数を調べてみました。

B11、B21の基地局数


B11 は、KDDIが65,736

B21は、ドコモが140,846局でした

Band 11
1.5GHz帯
FD-LTE局数
Band 21
1.5GHz帯
FD-LTE局数
au
(KDDI+
沖縄セルラ)
1490.9 MHz
10MHz
10M0X7W
65,736
関東:22514
近畿 11136
東海  8268
九州  5691
東北  4797
中国  3491
北海道 2849
信越  2385
四国  2337
北陸  1596
沖縄    628
N/A
ドコモ 1498.4 MHz
5MHz
5M00X7W
N/A 68,083
1503.4 MHz
15MHz
15M0X7W
N/A 72,763
(屋内小型基地局
4,479局と2W局
104局を含む)
関東  17838
近畿    8523
東海    8269
九州    7298
東北    6346
中国    5530
北海道    4126
信越    3658
四国    3164
北陸    2679
沖縄     652
ソフトバンク B11に3G局44局有
LTE局はナシ
0
N/A

総務省のが公表している無線局等情報(8月13日現在)の値です。

包括登録局の数を、登録数で数えていましたが、開設局数の合計に修正しました

開局はしていても、商用利用を開始していない局も含まれていますので、実際に利用可能な局は、この値より少数になります。

個別登録手続き局は2社合計で426局のみで、残りは全て包括登録手続き局です。

包括登録手続局は、開設局数を合計しています。

ソフトバンクもB11の免許をもっていますが、現在は3Gで利用中でLTE局はありませんでした。

ソフトバンクは、B11の3Gを停波してLTEに変えていく計画を昨年発表しています。

2017年4月以降順次LTE用として1.5G 帯利用開始する計画です。

1.5GHzエリアは都市

現状では、KDDIのB11も、ドコモのB21も、基地局のほとんが、大都市圏です。

特に東京に集中しています。

B11、B21対応端末が無い理由

B11もB21もグローバルバンドではないため、日本以外でこの帯域を使用している国はたぶんありません。

そのため、グローバルモデルではB11、B21対応端末が少ない状況です。

そのような状況の中、ドコモは、B21対応したスマホをドコモモデルとして販売しています。

Xperia X Performance SO-04H、Xperia Z5 Compact SO-02H、Galaxy S7 edge SC-02H などのドコモモデルはB21対応になっています。

それでも、AQUOS Compact SH-02Hは、arrows SV F-03Hなどのドコモモデルですが、B21非対応となっています。

B11の免許を持っているKDDIとソフバンはB11のLTE端末を出していません。

B11,B21対応iPhoneは日本モデルだけ

iPhone 7/7Plusも B11、B21対応しているのは、日本国内モデルのA1779(iPhone 7)とモデルA1785(iPhone 7 Plus)だけです。

海外モデルのModel A1660、Model A1661、 Model A1778、Model A1784はB11、B21非対応です。

Felica対応も日本国内モデルのA1779(iPhone 7)とモデルA1785(iPhone 7 Plus)だけです。海外モデルは、NFCのみの対応になっています。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ