APG 運用開始

APG(Asia_Pacific_Gateway).png

アジア域内を結ぶ光海底ケーブル「APG : Asia Pacific Gateway」の運用開始をN-COMが発表しました。

APGは、アジア域内の9か国結ぶアジア域内海底ケーブルです。

NECが建設を請け負っています。

APG:Asia Pacific Gateway

  • コンソーシアムメンバー
    • NTTコミュニケーションズ(日本)、
    • KT(韓国)、
    • 中華電信(台湾)
    • PLDT(the Philippines)
    • China Telecom and China Unicom (mainland China), 
    • Telekom Malaysia (Malaysia)
    • VNPT (Vietnam).
  • 一波長当り40Gb/s、100Gbps
  • 総設計容量:  54.8 Tbps
  • 総延長10,400kmアジアの海底ケーブル(2016年)
  • 陸揚げ拠点
    • 日本
      • 千葉県新丸山(南房総市)
      • 三重県志摩(志摩市)
    • シンガポール
    • 中国
    • 香港
    • 韓国
    • マレーシア
    • 台湾
    • タイ
    • ベトナム


アジアの海底ケーブル網は拡大中です。日本に陸揚げがある最近のケーブルには以下のようなケーブルがあります。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ