ソフバン3.5GHz帯で612Mbps

Pocket WiFi 603HW

下り最大612Mbps対応のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 603HW」をワイモバイルブランドで発売することソフトバンクが発表しました。

ソフトバンクの3.5GHz帯とWCPの2.5GHz帯AXGP(TD-LTE)のTD-LTEキャリアグリゲーション(2.5GHz 1波 と3.5GHz×2波、計3波 )と、256QAM4x4MIMO により612Mbpsを実現しています。

4x4MIMOと256QAM


なお、TD-LTEでは上り最大13Mbpsになりますが、FD-LTEにも対応しており、FD-LTEでは上り最大37.5Mbpsになります。

発売は、2月中旬以降です。

「Pocket WiFi 603HW」

  • 対応周波数
    • 1.7 GHz (B4) FD-LTE
    • 2.1 GHz (B1) FD-LTE
    • 2.5 GHz (B41)TD-LTE(AXGP)
    • 3.5 GHz (B42)TD-LTE
  • 4×4 MIMO
  • 256QAM
  • 3CA (2.5GHzAXGP 1波+3.5GHzのTD-LTE×2波,計3波 CA_41-42)
  • 無線LAN
    • IEEE 802.11a/b/g/n/ac

ドコモは3.5GHz帯で682Mbpsへ

ドコモも、下り時最大682Mbpsのサービスを3.5GHz帯を使って2017年3月以降に開始すると発表しています。

3.5GHz帯(TD-LTE)2波と、1.7GHz帯(FD-LTE)1波の3CA256QAM4x4MIMO により682Mbpsを実現します。3.5GHz帯の実効速度.png

ドコモは、現在のサービス(下り最大370Mbps)の実効速度のイメージ図(右)を公開しています。

利用者の増加等による混雑が増すにつれて、速度が低下しています。

仮に、10分の1以下に速度が低下しても、最大682Mbpsなら実行速度60Mbps程度が期待できてしまいそうです。

最近のブログ記事

LPWAで100㎞以上の遠距離通信
h2{ font-size:120%…
PHS新規受付終了
PHSの新規受付および料金プラン変更受付…
AT&Tが自称5Gを開始
AT&Tがアメリカで商用5Gサ…
カスタム検索