M2M / IoT専用番号の創設

M2M等専用番号の創設を総務省が発表しました。

IoT機器、M2M機器などのデバイス用の電話番号は020で始まる番号を使うことになります。

音声やSMSを送受しないデータ専用SIMなども020で始まる番号を使うことになります。

法改正は2017年1月1日から適用されますが、実際に使用開始になるのは、以下の3つが終わってからになります。

  1. 電気通信事業者からの020番号指定の申請
  2. 総務省による申請の審査と、番号割り当て
  3. 電気通信事業者側での必要なシステム改修等

ドコモとKDDI、ソフトバンクは、2017年10月以降020番号を利用するとしています(ドコモの発表KDDIの発表ソフバンの発表)

020番号の特徴

  • ユニバーサルサービスの負担金対象外(月額2円ほど安くなる)
  • 既に090/080/070番号を使っているデータSIM等は、020番号に切替える必要なし
    020番号に切替えなくてもユニバーサルサービス負担金対象外
  • 電話サービスに020で始まる番号は使えない
  • SMSが使えるサービスの場合は、020番号を使えない
  • 0204だけは、ポケベル用として引き続き利用(M2M用は、0201~0203と0205~0209番号帯)

020番号をM2M用に利用するのは、電話番号が枯渇しないようにするためです。桁数を増やさず020を解禁した背景などは、M2M用番号 020に記載しています。

最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ