Veriozon、Cat M1を全米展開

ベライゾンが、Cat-M1の全米でのサービス開始を発表しました。

Cat M1の開始は、が3月31日。一気に全米での展開です。

エリアの広さとセキュリティを兼ね備えたIoT網としては、世界初であり、唯一であるとベライゾンは行っています。

Veriozonは、対応機器通信料金も発表しています。

エリア

Cat M1が利用できるエリアは240万平方マイルとだとしているのでアメリカの国土面積の60%に相当します。

料金

料金は、月額$2から$80までの11プランです。

11のうち2つのプランがCat M1専用プランです。

Cat M1専用料金プランは、

月額$2.00で200KBまでのプランと、

月額$3.00で500KBまでのプランの2プランです。

どちらも、上限を超えると、と1MB当たり$1.00 の通信料金が発生します。

この2つのプラン以外の9プランは、従来からあるM2M用料金プランです。

VerizonのCat_M1機器

端末

Cat M1 対応機器としてVeriozonが現時点で提供するのは、チップセット、モデム、センサーモジュール、ルーターです。

チップセットは、NB-IoTにも対応しています。


最近のブログ記事

SORACOM,HLR持ちeSIM対応
SORACOMが自前のHLRを持ち、自…
準天頂衛星4機体制に
h2{ font-size:12…
Windows 10 mobile終了
Windows 10 mobileの新機…
カスタム検索

月別 アーカイブ