2017年8月アーカイブ

UQ高速化でauが708Mbpsに

UQがWiMAX2+(TD-LTE)の2CA、4×4 MIMO、256QAMによる558Mbpsサービス提供を発表しました。

同時にKDDI(au)がUQのWiMAX2+(TD-LTE)と自社のFD-LTEのCAによる受信最大708Mbpsの提供開始を発表しました。

対応端末は、「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「AQUOS R」やWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」です。

3CAで更なる高速化は・・・・

GoogleがAndroid端末を認証

google-play-protect.png

Android端末の認証制度をGoogleが発表しました。

Andoroid搭載スマホやタブレットを、Certified Android devices として、試験し認定します。

認定された製品のパッケージには、Google Play Protect のロゴが表示されます。

Certified Android devices認定の条件

日本を揺るがしたGoogleミス

GoogleのBGP設定ミスが、8月25日に日本全国で起きたインターネット障害朝日新聞の報道IMPRESSの報道日経BPの報道の原因でした。

何が起きていたのか

Gooleから、約5万のBGP経路情報が、NTTなどの外部へも流れ出したことが原因でした。

これらの経路は、外部に広報せず、Google網内だけで使用する情報です。
それが設定ミスで外部に流出しました。

外部へ広報するルートは、NTT-COMのOCN(AS4713)を例にとると114.144.0.0/12で集約されたルートして存在しています。

Google、GCPの廉価版を投入

品質を下げ料金を下げたネットワークをGoogle Cloud Platform(GCP)用にGoogleが発表しました。

これにより、GCPで利用するネットワークは2レベルになります。

Premium Tier(現行のネットワークサービス)

低遅延かつ高信頼性で混雑しにくいネットワーク

Premium Tierは、通信先に最も近いGoogleのPOP(points of presence)までGoogleの高速プライベート網内経由で通信を行い、そこからインターネットに抜けます。

Googleは世界100か所以上にPOPを設けています。

GCP premium tier Standard tier.png

Standard Tier(新たなネットワークサービス)

一般的なインターネット品質。Premium Tierより低料金(料金表

Standard Tierは、Googleのデータセンサーから最寄のISPへ接続して、以遠は一般のインターネット網内での通信になります。

2年で2倍のトラフィック増

総務省がインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2017年5月分)を公開しました。

  • 下りデータ通信量前年同月比39.0%増で約9.6Tbps
         内モバイルは前年同月比37.6%増で約1.57 Tbps
  • 上りデータ通信量前年同月比35.9%増で約1.8T bps
         内モバイル、前年同月比34.6%増で約0.249 bps
  • 1契約者あたりの下りデータ通信量前年同月比37.0%増で約247.3kbps
  • 1契約者あたりの上りデータ通信量前年同月比33.9%増で約 46.6kbps

という内容で,どの数字も34%から39%のデータ通信量増加を示しています。

データ通信量が、上も下りも、モバイルも固定も、1契約者あたりも、総量も、2年で1.8倍から1.9倍ののペースで増加していることになります。

MVNOには厳しい

MNOがMVNOに提供するL2回線の料金は、2年半分に減るペースではなく、2年で23%から38%程度の値下げでしかありません

L2回線料金がこの値下げペースだと、L2回線料金を増やさない場合、回線速度は1.3倍から1.6倍にしかなりません(通信量増加に対応できない料金)。

3400MHz-3600MHz.png

テレビ局、ラジオ局で使用している3.4GHz帯(3400MHzから3456MHz)の使用期限を2022年11月30日までとする周波数割当計画の変更案を総務省が公開して意見募集を開始しました。

3.4GHz帯を新たにモバイル用として割り当てる計画です。

3456MHzから3600MHzの音声STL/TTL/TSL回線は、2012年11月30日に使用期限を迎えて、3480MHzから3600MHzをドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社に40MHzづつ割り当てられています(第4世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設計画の認定)。方式はTDDです。

ドコモは2016年6月から利用しています。

カスタム検索

月別 アーカイブ