Appleの謝罪

iOSのアップデートの際に、Appleが意図的に古いiPhoneの性能を低下させたのではないかという疑惑に関して、Appleジャパンも謝罪文を掲載しました。

謝罪はして、iPhoneのバッテリー交換の金額を割り引きすることを表明していますが、意図的な性能低下は認めていません。

指摘されている旧機種の性能低下は、正された小規模なバグ、一時的なパフォーマンスへの影響バッテリーの経年劣化が原因だとしています。

Appleの謝罪文の主な内容は以下のとおりです

  • Appleへの期待を裏切られたと感じる方もいらっしゃるでしょう。
    心よりお詫び申し上げます。
  • ユーザーがこうした変更に気づくのは稀だと思われますが、
    場合によってはアプリケーションの起動時間が長くなったり、
    そのほかの部分のパフォーマンスが低下する可能性があります
  • この問題は二つの要素が組み合わさって起きると考えていました。
    1. アップデートによって起こる一般的で一時的なパフォーマンスへの影響
    2. 修正された小規模なバグ
  • もう一つの要因が、古くなったiPhone 6とiPhone 6sに使われている
    バッテリーの継続的かつ化学的な経年劣化
  • Appleの意図に疑問を抱いたすべての方の信頼を取り戻すために、
    私たちは以下の対応をとることを決定しました。
    • iPhoneのバッテリー交換の金額を8,800円から5,600円減額し、3,200円とします。
    • 2018年の初頭に、iPhoneのバッテリーの状態をユーザーにわかりやすく示す新機能を持ったiOSのソフトウェアアップデートを提供します。





と言っています。

この問題に関しては多くの誤解が生まれているため、事実を明確にし、私たちが行う変更についてお知らせします。

最近のブログ記事

仮想通貨技術+スマホで送金
h2{ font-size:120…
Appleの謝罪
h2{ font-size:120…
XGPとWiMAX2+でHPUE解禁
2.5GHzのTD-LTE端末を高出力化…
カスタム検索

月別 アーカイブ