電話ボックスに基地局設置

電話ボックスを、基地局設置用に貸し出すとNTT西日本が発表しました。

電話ボックスの貸出仕様は、電話ボックスの屋根にアンテナを設置し、電話機の下部に終端装置や無線装置などを設置する仕様です。

アンテナの長さは67cm以内という制限があるので、アンテナの位置は地上3m程度と低い位置になります。

NTT東日本は、電話ボックスをWi-Fi用限定で貸出をしていますが、NTT西日本は、携帯電話の無線基地局も設置可能としています。

3.5GHz帯用として魅力

アンテナの長さや低さからも、機器設置スペースの狭さも、大きなセル半径を持つマクロセル基地局には不向きですが、ドコモが展開する光張り出し無線装置を使った高度化C-RAN(Centralized Radio Access Network)のスモールセル用には使えます。

電話ボックスが、人の多い場所に、人目につくように(電波を遮蔽する障害物に囲まれていないように)設置されており、その数も西日本だけで2万4000か所あることも魅力です。

3.5GHzを使用したドコモのC-RAN

ドコモは、セル半径数十mから100m程度の3.5GHz帯を使ったスモールセルを、マクロセルにオーバーレイするRAN構成をとっています。

ドコモのRANは、基地局でのベースバンド処理やデジタル処理、保守監視機能を、BDE(Base station Digtal processing Equipment)に集約したC-RANなので、アンテナ設置場所には、小型の光張り出し装置のみの設置で済みます。
電話ボックスの空スペースに収めやすい構成です。

最近のブログ記事

楽天のMNO事業計画
h2{ font-size:1…
電話ボックスに基地局設置
h2{ font-size:1…
ドコモ1.7Gと3.4Gの申請検討
総務省が新たに割り当てる 1.7GHz …
カスタム検索

月別 アーカイブ