MVNOからKDDIが受け取る額

KDDIが、MVNOから受け取る額が、MVNOの1ユーザあたり何円かを、本日のKDDIの決算発表から計算してみました。

MVNOが1ユーザあたり約1,280円/月をKDDIに支払っています。

10Mbpsあたり670人以上

MVNOがKDDIに支払うデータ料金は、L2接続の場合、帯域10Mbpsあたり月額858,335円です。

670×1280円=858,335円ですので、

10Mbpsの帯域を、670ユーザでシェアしていることになります。

データ通信料金の他に、業務支援システムの利用料金(月額178万円)などもありますので、事業者間接続(L2接続回線)料金は、月1280円/ユーザより少額になります。

従って、10Mbps あたりのユーザー数は、670ユーザーより多くなります。

この数字は、KDDIのMVNO全社の平均ですので、平均以上、平均以下のMVNOもあります。

計算

本日のKDDIの決算発表には、以下の数字がります。

  • KDDIが直近9カ月でMVNOから受け取った金額(MVNO収入)は173億円
  • KDDIのMVNO契約者数は、150万(2017年12月時点)


173億÷150万÷9か月=1281円 になります。契約者数は、12月時点の数字で、収入は4月から12月の累計ですので、正確な1ユーザーあたりの月額ではありません。

L2接続(事業者間接続)ではなく、卸電気通信役務契約で再販をしているMVNOもあります。
卸電気通信役務契約では、基本料金だけで1回線あたり月額1,680円になります。

想定される、事業者間接続(L2接続回線)料金は、月1280円/ユーザより、卸の方が高額ですので、L2接続のMVNOで10Mbps当たりのユーザー数は670よりさらに多いことにります。



最近のブログ記事

カスタム検索

月別 アーカイブ