81万局中の4局で電波法違反

ソフトバンクの電波法違反に対する厳重注意を行ったことを総務省が発表しました。

4つの基地局の廃止届を誤って提出したことが、違反の内容です。

総務省が管理している無線局数は、2億2,655万4,756局(2017年10月末)です。

その内、携帯、PHS、BWAの基地局は81万7,413局あります。

LTE&第3世代
の基地局
LTEの
基地局
第3世代の
基地局
BWA
基地局
PHS
基地局
216,053 111,172 112,426 264,351 113,411

数が多いせいか、大手企業も電波法違反で厳重注意を受けています。

基地局が電波法に合致しているかどうかを、総務省が新設/変更/定期検査等を行うことになっています

総務省に代わって、が、「登録検査等事業者」が定期点検と検査を代行も行っています。
ソフトバンク、KDDIや電設業者などが登録検査等事業者として登録されている市町村もあります。

5G用周波数として、24.25GHzから86GHzまでの11帯域がITUで検討されていますので、5Gの進展に伴い、高周波帯の利用と、スモールセルの活用が進むと、基地局は増え続けます。

登録や点検、検査の業務量も増え続けます。

最近のブログ記事

81万局中の4局で電波法違反
h2{ font-size:120%…
IoTサービス向けの規制検討
IoTサービスの規制見直しの方向が、総…
仮想通貨技術+スマホで送金
h2{ font-size:120…
カスタム検索

月別 アーカイブ