スマホに動画専用カメラ

AQUOS R2

SHARP R2が搭載する動画専用カメラは、静止画は別のカメラに任せて、静止画を撮影しないことを前提としたスペックをもったカメラです。

動画に特化した仕様のため、動画用のカメラで静止画を撮ることはできません。

動画専用カメラのF値は小さくしない

動画専用カメラのF値は2.4。静止画用カメラはF1.9。

焦点が合う範囲を広くするために、動画専用カメラはF値を大きくして被写界深度を深くしています。

ピントが合う範囲が広いと、被写体が動いても焦点が合う範囲から外れませんし、ピントが安定していて映像として見やすくなります。

スマホカメラはF1.8、F1.7などF値を小さくして明るくなる傾向がありますが、あえて大きめのF値設定です。

画角135度の超広角レンズ

手振れ補正を強化するため画角を広くし、画角135度(35mm換算焦点距離19mm)としています。

静止画用のカメラは、画角90度(35mm換算焦点距離22mm)です。

画角が広いかめらなので、30度と強力な手ぶれ補正をしても画角105度を確保できます。

広角にするにつれ周辺が歪んできますが、被写体が動けば周辺部はあまり目にとまらないので、周辺の歪は許容しています。

人間の視野は、片目120度、両目合計200度です。

最近のブログ記事

ARM Cortex-A76
ARMが新アーキテクチャCortex-A…
スマホに動画専用カメラ
h2{ font-size:120%…
スマホのカメラ画素数増加
h2{ font-size:120%…
カスタム検索

月別 アーカイブ