高帯域マルチビームで高速化

Bands for Satellites.png

インマルサットFleet Xpress(Inmarsat FX)の提供開始をKDDIが発表しました。

30/20GHz(Up/Dn)帯の3.5GHz幅を使い最大8Mbpsの通信が可能な衛星通信サービスが、Inmarsat FXです。

Inmarsat GX spot-beam.png

従来の1.6/1.5GHz帯の34MHzを使った下り最大432kbpsサービスInmarsat FB(Fleet Broadband)より18倍以上高速です。 

Inmarsat FXは、高い周波数で、広い帯域を確保して高速化して、ビームフォーミングよるマルチビームにより同じ周波数チャネルの繰り返し利用により容量を上げています。

Inmarsat FXは、30/20GHz(Kaバンド)I専用のインマルサット第5世代衛星(GX衛星)3機+1機(軌道予備)(Inmarsat-5 F1,F2,F3,F4 ) で全世界をカバーして提供します。

周波数の高い30/20GHz(Kaバンド)は降雨減衰が大きいため、雨などの影響で減衰が大きい時は、1.6/1.5GHz帯(Lバンド)を使うInmarsat FBにフォールバックします。

最近のブログ記事

KDDI トヨタにeSIM
トヨタ自動車向けの車載eSIM運用プラッ…
高帯域マルチビームで高速化
インマルサットFleet Xpress…
ソフトバンクをUQが抜く見込み
UQコミュニケーションのWiMAX契約数…
カスタム検索

月別 アーカイブ