各社の災害伝言板

大阪の地震で、各社の災害伝言板が立ち上がっています。

MNOの運営する災害伝言板の他にも、MVNOの携帯やWi-Fi端末でも利用できる災害伝言板もあります。

MNO(NTTドコモ、au、ソフトバンク、Y!mobile)は、災害伝言板の他にも「災害用音声お届けサービス」(30秒までのボイスメッセージで特定の相手に安否を伝える)も運営しています

音声を吹き込んだ音声ファイルをサーバーに送信し、相手にSMSで通知します。

SMSに対応している携帯電話なら、自キャリア以外にも送信できます。

災害用音声お届けサービスは、専用アプリをインストールが必要です。

誰でも使える「災害用伝言板(web171)」

NTT東西が運営する誰でも使え災害用伝言板です

ステータス(安否)と100文字以内のコメント(伝言)を登録できるのはMNOの伝言板と同じdです。

「web171」の電話番号での検索・確認を使うとは、全MNOの災害用伝言板も串刺し検索して確認できます。

「J-anpi~安否情報まとめて検索」

NTTレゾナントが運営する災害伝言板です

電話番号か名前で検索でき、web171やMNOの災害用伝言板、NHK、日本郵便、東京都、千葉市などの一部自治体収集した安否情報、Googleパーソンファインダーをまとめて検索できます。

日本語、英語、韓国語、中国語に対応しています。

登録も可能

NTTレゾナントの「goo防災」(iOS/Android向けに無料アプリ)からは「J-anpi」の安否情報の検索と、アプリからの安否情報登録もできます。

Googleパーソンファインダー

個人が投稿した安否の状況を検索できるグーグルのWebアプリケーションです。

最近のブログ記事

LTE基地局が急ピッチで増加
LTEの基地局数が急激に増えています。…
各社の災害伝言板
h2{ font-size:120…
微弱無線は電波法違反が9割
違法な微弱無線機器が全体の90%で、電…
カスタム検索

月別 アーカイブ