2年で2倍のトラフィック増

総務省がインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2017年5月分)を公開しました。

  • 下りデータ通信量前年同月比39.0%増で約9.6Tbps
         内モバイルは前年同月比37.6%増で約1.57 Tbps
  • 上りデータ通信量前年同月比35.9%増で約1.8T bps
         内モバイル、前年同月比34.6%増で約0.249 bps
  • 1契約者あたりの下りデータ通信量前年同月比37.0%増で約247.3kbps
  • 1契約者あたりの上りデータ通信量前年同月比33.9%増で約 46.6kbps

という内容で,どの数字も34%から39%のデータ通信量増加を示しています。

データ通信量が、上も下りも、モバイルも固定も、1契約者あたりも、総量も、2年で1.8倍から1.9倍ののペースで増加していることになります。

MVNOには厳しい

MNOがMVNOに提供するL2回線の料金は、2年半分に減るペースではなく、2年で23%から38%程度の値下げでしかありません

L2回線料金がこの値下げペースだと、L2回線料金を増やさない場合、回線速度は1.3倍から1.6倍にしかなりません(通信量増加に対応できない料金)。

3400MHz-3600MHz.png

テレビ局、ラジオ局で使用している3.4GHz帯(3400MHzから3456MHz)の使用期限を2022年11月30日までとする周波数割当計画の変更案を総務省が公開して意見募集を開始しました。

3.4GHz帯を新たにモバイル用として割り当てる計画です。

3456MHzから3600MHzの音声STL/TTL/TSL回線は、2012年11月30日に使用期限を迎えて、3480MHzから3600MHzをドコモ、ソフトバンク、KDDIの3社に40MHzづつ割り当てられています(第4世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設計画の認定)。方式はTDDです。

ドコモは2016年6月から利用しています。

高出力端末(HPUE)を解禁

高出力端末(HPUE)を解禁しても問題ないとする検討結果が、新世代モバイル通信システム委員会報告概要に記載され公開されました。

HPUE:High Power User Equipmentにより、2.5GHz帯のTD-LTE(WiMAX2+とXGP)端末の送信する電波出力を現在の2倍の400mWにすることができます。

出力を2倍にしても、不要発射や隣接チャネル漏洩電力が許容範囲内であることが報告に記載されています。

この報告を受けた後、総務省がHPUE解禁に向けて、省令等を改訂するもの思われます。

Flashは2020で終了

Flash_to_HTML5.png

Flashが2020年に終了するとAdobeが発表しました。

2020年末にFlashのサポートを終了し、以降アップデートが供給されなくなります。

脆弱性の対処などのセキュリティアップデートも2020年で終わりますので、Flashの寿命は24年(1996年から2020年まで)で尽きることになります。

MNOに対するMVNOの不満に対応した総務省令改訂案に対するMNO等の意見が公開されました。

MNO三社の不満を含むこの意見に対して、総務省は回答はせず、 MNO等の意見対する意見の募集を開始しました。

省令改訂は、HLR/HSS の解放、SIMカードの単価引下げと機能明示、障害情報の迅速かつ完全な通報が目的です。

これに対して、MNO三社は、電気通信事業法を拡大解釈しすぎであり、履行不可能な内容もあると反発しています。

総務省令改訂案の要点

MVNOがeSIMの実験

NTTコミュニケーション(N-COM)がeSIMの実証実験開始を発表しました。

MVNOとしてeSIMの実験は初ですが、商用化時期は、未発表です。

実験では、日本と香港でeSIMのプロファイルの書き換えを行います。

書き換えは、スマホ等からリクエストによる書き換え「コンシューマーモデル」 と
オペレータから指示でIoT機器への書き替え「M2Mモデル」 の両方を行うとのこと。

N-COMがeSIMの実証実験

Yモバ,iPhoneテザリング解禁

Y!mobileがSIMフリーiPhoneでのテザリング解禁しました。

Y!mobileのサイトに以下の記述が掲載されています。

SIMフリー iPhone のテザリングサービス接続性検証を行いました。

2017年6月1日以降、新規お申し込みのお客さまはお申込み日より利用可能となります。

2017年5月31日以前にご契約いただきましたお客さまにつきましては8月対応予定です。
対応完了次第ホームページにてお知らせいたします。

Y!mobileでは、SIMフリーiPhoneでのテザリングは利用できない状態でした。

スマホの寿命は長くて7年

Android 2.1 以前の Android Market のサポート終了をGoogleが発表しました。

2010年1月のAndroid2.1リリースより6.6年を経ての終了です。

スマホの寿命(Android, iPhone, iPad)

Androidスマホは、メジャーバージョンアップに対応しない製品もあるため、発売当初のバージョンのサポートが終了で製品寿命も尽きます。

iPhoneは、メージャーアップデートに対応するものの、iPhone4s以前の機種は、iOS10対応とはならずに、サポート終了となりました。

下図はiOS製品のiOSへの対応状況とサポート期間です。

IoT(CAT-M1)でVoLTE対応

CAT-M1でVoLTEをサポートするとEricssonが発表しました。

VoLTEのCAT-M1でのサポートは、ソフトウエアの拡張により実現しており、CAT-M1 VoLTE対応ソフトはリリース済みだそうです。

ソフバン1.7GHzの3G一部停波

ソフトバンクが1.7GHz帯の3G(W-CDMA)を東京メトロの地下区間で先行して停波すると発表しました

ソフトバンクは、Softbankが3G縮退計画に沿って旧イー・モバイルの1.7GHz帯3Gを停波しをLTEに転用していき、2018年1月末に、サービス終了(契約解除)となります。

1.5GHz帯 3G (W-CDMA)は3月に停波済み

2017年3月31日に1.5GHz帯3G(W-CDMA)が停波になっています。これにより、既に、サービス提供エリアの縮小、通信速度の低下などが発生しています。

最近のブログ記事

Snapdragon 450 発表
h2{ font-size:120%…
060を携帯で使う準備で法改正
h2{ font-size:120%…
ドコモ:LTEで長距離通信50㎞
ドコモが、LTEで50kmの遠距離通信に…
カスタム検索
カスタム検索

月別 アーカイブ