PSTNを2024年中に廃止し、電話網をIP化するとNTT東西が発表しました(NTT東日本の発表, NTT西日本の発表)。

PSTNのIP化に伴って、INS(ISDN)も終了しますが、その他にピンク電話などの各種サービス廃止が検討されています。

以下は、総務省の電話網移行円滑化委員会の資料で終了が表明されているサービスとして掲載されているサービスの一覧です。

INSネット
(ディジタル通信モード)
電話回線を介して、ディジタル通信が可能なサービス 256(万回線)
ピンク電話 硬貨収納等のために必要な信号を送出する機能 17(万回線)
着信用電話 着信のみ可能な電話サービス 3.8(万契約)
発着信専用 電話回線からの操作で、契約回線を
発信専用又は着信専用に設定する機能
2.8(万契約)
ビル電話 内線通話や短縮ダイヤル等の各種付加機能を
NTTの交換機側で提供するサービス
2.8(万加入)
二重番号 電話番号(主)に電話番号(副)を付与し、
電話機の操作により主で不在メッセージを流し、
副で電話を受けるサービス
3,565(契約)
トリオホン 通話中にフッキング操作により、
通話を保留したまま第三者を呼び出し、
三者間通話を可能とするサービス
1,761(契約)
114(お話し中調べ) 相手方の電話番号がお話し中か受話器外し等かを調べるサービス 400(万接続)
ナンバーお知らせ136 「136」+「1」のダイヤル操作により、
直近の着信呼の日時・発信者電話番号を音声で知らせるサービス
357(万接続)
短縮ダイヤル 契約回線を介して予め交換機に登録した電話番号について、
2桁の簡易発信を実現するサービス
6.1(万契約)
キャッチホン
・ディスプレイ
最初の着信だけでなく、通話中に着信があった場合にも
割込者の電話番号をディスプレイに表示するサービス
4.9(万契約)
ナンバー
・アナウンス
「136」をダイヤルすると、
着信した呼の日時と電話番号を5件まで案内するサービス
2.4(万契約)
でんわばん 1契約で複数着信に対し時間外案内等を実現するサービス 1.8(万契約)
空いたらお知らせ159 相手が通話中の場合、「159」+「1」のダイヤル操作により、
相手の通話が終了次第、音声通知するサービス
0.4(万接続)
ノーリンギング通信 電話回線を介して無鳴動で呼出、センタユーザから
各家庭に設置されているメータを効率的に検針することができるサービス
400(回線)
支店代行電話 契約者が指定する地域の電話番号を付与し、
その番号にかかってきた電話を事務所等に接続するサービス
300(回線)
トーキー案内 録音再生装置を電話網に接続し、
電話回線を介した情報案内を実現するサービス
285(音源回線)
なりわけ 予め登録した電話番号からの着信の場合、
通常と異なる短い着信音で呼び出すサービス
256(契約)
有線放送電話接続電話 有線放送電話設備とNTT交換設備との間に電気通信回線を設置し、
同一MA内の通話を可能とするサービス
6(回線)


固定電話の受け皿は、 メタルIP電話

L2接続パケット料金の推移

MVNOがMNOに支払うL2接続回線の料金が値下げされました。

値下げは、モバイル通信のトラフィック増にMVNOが対応できない額でした。

値下げにより14%から21%回線増速が可能ですが、1契約あたりのトラフィックは21%から25%増えています。

買える帯域、16%から21%増

Veriozon、Cat M1を全米展開

ベライゾンが、Cat-M1の全米でのサービス開始を発表しました。

Cat M1の開始は、が3月31日。一気に全米での展開です。

エリアの広さとセキュリティを兼ね備えたIoT網としては、世界初であり、唯一であるとベライゾンは行っています。

Veriozonは、対応機器通信料金も発表しています。

スマホをコードレス電話に

社内や自宅内で使うコードレス電話で、TD-LTEを利用可能にすると総務省が発表しました。

iPhoneなどの既存スマホが、構内PHSやコードレスフォンとして利用できる可能性が生まれます。

Band 39 対応スマホを構内PHSに

Chrome,電池消費低減を目指す

Googleが、Chromeのバッテリー消費を低減すると発表しました。

Chromeで複数のタブを開いた時、バックグラウンドのタブでの処理を控えめにして、電池消費を抑えるそうです。

バックグランドのタブで負荷の大きい処理をしている場合と比較すると、CPU負荷は25分の1になるとのこと。

2020年に向かって、今後もバックグラウンドでのリソース使用制限を強化する計画も発表しています。

Chrome 57 以降のバックグラウンド タブ処理

スマートiPhone ケース

Androidスマホとして動作するiPhoneケース「Eyeが発売されます。

iPhoneケースですが、CPU、画面、無線などをきっちり搭載していて、Androidスマホとしても機能するので、スマート iPhone ケースだそうです。

きちんと、iPhoneを収納できるiPhoneのケースに、CPUやバッテリーを内蔵させて裏側には5インチのディスプレーまで搭載し、デュアルSIMもサポートします。

iPhoneのディスプレイの裏側が、Androidのディスプレイになるので、iPhoneとAndoideスマホを背中あわせに貼りあわせたような形になります。

5G仕様を半年前倒し

5G-use-case.png

5Gでの高速大容量通信「eMBB:Enhanced Mobile Broadband」の仕様を、2018年3月までに完成させることになったと3GPPが発表しました。

従来は、2018年9月がeMBB仕様策定完了目標でしたので、半年前倒しになります。

eMBBの仕様が決まった半年後の、2018年9月には、IoT用のmMTC (massive Machine Type Communications) や高信頼性・超低遅延のURLLC (Ultra-Reliable and Low Latency Communications) なども含むRel-15の仕様が決まる予定です。

Rel-15の完成も半年前倒しです。

3GPPが発表したスケジュールは下図のとおりです。

電子レンジや、IH調理器に貼り付ける技適マークを、電子化しても良いことになります。

スマホは技適マークはすでに電子化されており、印字したシールが貼られていません。

電子レンジやIH調理器などでも技適マークを電子化することに関して意見募集の結果を公開しました。

広帯域PLC(電力線通信)設備でも電子化OKになります。

400Gbps Ethernet PHY受注開始

400GbpsのEthernet PHYの受注開始をBroadcomが発表しました。

400G  8λ 56Gbps PAM4.png

このPHYは、PAM-4(4値パルス振幅変調)で変調した56Gbpsの光をWDMで8波束ねて、MAC層で400Gbpsを実現するEthernet PHYです。

56G PAM4 25G NRZ.png

PAM-4による56Gbpsは、レベルが2ビットで表される4つの振幅レベルを用いて、25Gボーで送信します。

従来のNRZ(non-return to zero)で25Gボーの送信をすると25Gbpsですが、PAM-4で2倍になります。

IEEEでの400Gbps Ethernet 標準化

You Tube 80Tbps超え

You Tubeの視聴時間が、1日あたり10億時間を超えたという発表がありました。

1動画の帯域が平均2Mbps程度だとすると、1日で10億時間分のYou Tubeの動画を配信するために必要な帯域機は、約80 Tbpsになります。

4167万人が各自1動画を24時間見続けると1日の視聴時間は延べ10億時間になります。2Mbps×4167万=83Tbpsです

最繁時のトラフィック集中などを考慮するとGoogleが確保している回線の帯域は100Tbpsを超えるものと思われます。

半分はモバイルから

最近のブログ記事

月300円以下のプラン
NTTPCが、IoT向けに、月額280円…
Gmail受信上限を50MBに
Gmailで受信できるメールの上限を50…
5Gサービス要件を3GPPが発表
h2{ font-size:120%…
カスタム検索
カスタム検索