MCPC2級の最近のブログ記事

 第9回MCPC検定試験1級、2級は今週末です。このブログのMCPC検定関連の過去記事にアクセスしている方も増えています。そこで過去の経験から、アドバイスもどきを書きます。

  • 1級、2級共通
  1. 検定試験問題は、検定テキストから出題されます。
    • 試験当日も、試験開始直前まで検定テキストを読んで覚えることがお勧めです。
    • 応用問題はありません、問題も答えも上記テキストの中にあります。
      深く理解するより覚えてしまうような読み方がお勧めです。
    • テキストに記載されていない事項が出題された例は知りません。
      参考書を買ったり、ネットで調べたりするより、テキスト一本に集中することがお勧めです。
    • 上記テキストが出版された後に起きた最新の動向は出題されないようです。
      最新動向を追うより、テキストを繰り返し読んで覚えることがお勧めです。
  2. テキストの図がそのまま使われて出題されることもあります。
     (テキストの図を読み飛ばさないほうが無難です)
  3. 問題はテキストの各章から、偏りなく出題ています。
    • 得意分野の強化ではなく、苦手分野対策がお勧めです。
    • 特定分野だけ満点でも、苦手分野がゼロだとたぶん合格しません
  4. 出題が、「最も適切なもの」を選ぶ形式の問題では、正解が複数あるように思える場合がありますが、より適切な答えを選択せよということですので、悩まなくても大丈夫だと思います。
  5. 「不適切なもの」選択する問題が稀に出ます。引っかからないように気をつけましょう。
  • 2級
  1. 2級は、MCPC検定2級対応:モバイルシステム技術テキスト第3版 が最新版です。
     (MCPC検定2級対応:モバイルシステム技術テキスト(改訂版)は旧版です)
  2. 出題形式は、「MCPC公式 2級サンプル問題」を見てください。
      (4択以外の問題形式をみたことがありません)
  3. 細かな数値を問う暗記問題が出たこともありますが、合否を左右するほど大量に出た記憶がありません。
  4. 2GHz電波の1/4波長は何cmか?というような計算問題もでまうすが、問題数は少ないです。
     (計算問題がズラズラ並んでいるのを見たことがありあません)
  5. 知識の有無を問う(知っているかどうかを問う)問題ですので、理解していなくてもテキストを丸暗記してしまえば回答可能です。
     (テキスト厚すぎますが、苦手分野だけなら、丸暗記するのもありかと思います。)
  • 1級
  1. 1級は、MCPC検定1級対応:モバイルシステム技術テキスト エキスパート編(改訂版)が最新版です。
  2. 2級のテキストからの出題は見かけません。上記の1級テキストだけで大丈夫です。
  3. 記述式は、単語を書くだけの問題もあります。文章力を磨く必要はありません。
      (文章力を問われるほど長い文章を書くスペースがありません)
  4. 2級検定と同様に、知識の有無(知っているかどうか)を問う試験内容です。
以上過去の経験からの無責任なアドバイスもどきでした。
11月のMCPC検定(2級)は、検定テキスト 第3版が教本です。
8月に出たばかりの第3版は、第2版(改訂版)と何が変わったのか、ざっと見ていました。
  • 電話サービスにTV電話サービスが追加
  • 3.5世代=HSDPAであったが、3.5世代に、HSPA、HSPA+が追加
  • 3.9Gが追加
  • モバイルWiMAX(802.16e)が追加
  • PHSの記述にXGPが追加
  • BREWの項にKCP,KCP+が追加
  • 緊急地震速報サービスが追加
  • FMCが追加
  • EMnetが追加
  • ASPに加えて、SaaSが登場
  • B2B,B2C,B2E,M2Mに加えて、B2B2C,C2C,B2B2Eが追加
  • Android追加
これら追加された内容を見て、「ふんふん」と頷くことができる人は第3版不要です。
そうでない人は、第2版(改訂版)で勉強して受験するのはちょっとつらいかと思います。

 HSPA+対応の端末が発売されました。USBスティック型の端末で、通信速度は下り最大21.6Mbps、上り最大 5.76Mbpsです。

 発売は09年4月から、通信事業者は未公共。ですが、いくつかの通信事業者に採用される見込だそうです。09年の早期にサービス開始されるとの見込だとも言っています。香港の通信事業者PCCWと共同でデモをしています。

Internet Explorer 8 対策 その2

 Internet Explore 8 RC1の動作モードは以前の記事で書いたが、RC1以降も、仕様変更が続いている。その一つが動作モード。MSのブログでは、IE8がIE7互換で動作するか、IE8モード固定にするかなどの、レンダリングエンジンの動作指定を「FEATURE_BROWSER_EMULATION」という名前に変更し、動作モードを指定するレジストリ値も変更になっている。

 WEBサーバは、アクセスしてきたブラウザの種類などに応じて最適なコンテンツを返すようにしている送るようにしているが、判断ロジックがIE8では複雑になりそうだ。
 テレビに、携帯電話をかざすと有料コンテンツの電子決済ができ、放送された商品情報の入手などの携帯TV放送連携もできるようになりました。
 Edyカード、eLIOカード、おサイフケータイ機能搭載の携帯電話対応のSONYのTV〈ブラビア〉が発売されました。携帯電話だけでなく、Edyカードも可です。
 テレビ番組やCMで紹介された商品や店舗などの情報を入手出来たりもするそうです。

 BMLブラウザを使った携帯放送連携を連想しますが、FeliCaリーダー・ライター機能を搭載したリモコンと、Felica対応の携帯電話が通信するという連携のしかたです。

 Windows 7では、IE8などアプリをOSから簡単に切り離せるようになるそうです。
 MSのブログによると、切り離せるのは、以下のアプリです。
  • Windows Media Player
  • Windows Media Center
  • Windows DVD Maker
  • Internet Explorer 8
  • Windows Search
  • Handwriting Recognition (through the Tablet PC Components option)
  • Windows Gadget Platform
  • Fax and Scan
  • XPS Viewer and Services (including the Virtual Print Driver)
 ユーザが、以下のソフトを「使う(ON)/使わない(OFF)」の設定を選択できるようにするそうです。
 「可視光通信標準規格」1.0版が3/6に発表されたそうです。
 今日のところVLCCサイト にも IrDAのサイトにも情報あリません。
 MCPC検定テキストに記載され、2級検定試験問題としても出題されているFM放送連携の機能が拡張されます

 ネットワーク対応ロボットがズームインで放送されていました。 ソフトバンクのロボット変形する携帯電話「フォンレイバー」  ノリやシャレの領域(この携帯を自慢する大人がいたらたぶん引く)ですが、携帯電話が1.1億台も出回ってしまうと、携帯に新規加入する人間は少なくなるので、ロボットに携帯を売るというのは、真面目な話なのかもしれません。

 ロボット遠隔操作を可能とする広域モバイル通信アーキテクチャをドコモ総合研究所が提案 していますから、通信事業者のモバイル対応ロボットは、シャレやノリの領域には収まっていないようです。KDDIは、スピーシーズ  SPC-101 をKDDIデザインスタジオで展示してイベントしたこともあるようです。
 PSは衛星からの電波で位置を測定しますので、地下街などでは位置がはかれません。
 携帯電話は、空(人工衛星)が見えないところでは、携帯基地局からの電波をたよりに測位するので、GPS衛星を使わずに測位出来ますが、位置の精度が悪くなり安心して雲隠れできます。

 そこで、地下街や屋内でも居場所を正確に計ろうということになり、非常灯、照明器具などにGPS信号発信器を組み込むための、GPS信号発信組込みモジュールがリリースされました。大きさは3cm×6cmと名刺の半分のサイズなので、どこにでも組み込めます。このモジュールがGPS互換信号を送信します。
 「GPSは屋内が苦手です。」という定説は通用しなくなるかもしれません。

最近のブログ記事

スーパー2in1
 1つの携帯電話に2つの番号は、2in1…
ECO、災害対策、途上国市場
 エコ+災害対策+途上国市場の3点セット…
Skype搭載携帯発売
 ノキアがSkypeを搭載した携帯電話を…
カスタム検索