2級模試の最近のブログ記事

最近MVNOがジワジワと増えているようです。WiMAXとかが来年始まるともっと増えそうです。
MCPC検定テキストには、MVNOとしてKCCSや富士通の例が出ています。しかし、Disney、トヨタ、などのMVNOは出ていません。来年の2級検定テキスト改定ではこれらのMVNOも盛り込まれるのでしょう。

通信事業者も増えており、今年の1級テキスト改定ではeモバイルが盛り込まれました。来年は、UQコミュニケーションも盛り込まれるのでしょうか。
OSではAndroid, 無線LANでは802.11n、BluetoothではClass1、端末ではUMPCやMIDなど、検定テキストに記載されていない新しいことが次々と出てきています。
一方で、検定テキストには、古い記述は残ったまま。アナログ方式携帯電話、トークンリング、FDDIなど今では誰も使っていない技術も記載されいます。ダイヤルアップ接続、HDML、ホイップアンテナなどそろそろ絶滅しそうな技術も数多く記載されています。
過去の遺物のような技術が次第に増えていって博物館のようなテキストになってしまうような気がします。

新しいものが増え、古いものは残り、テキストは、どんどん厚くなるばかり? 
ページ数増に加え、表が一列増えていたりして、1ページに記載されている内容が増えている箇所も多々あります。
早めにMCPCの検定に合格してしまいましょう。改定の都度テキストが厚くなり、濃くなり、覚えることが増えます。
がんばって早めに合格しましょう。

8月ころから、バッファローが、新しいBluetoothアダプタ(BSHSBD02BK)を発売しています。
Bluetooth のClass 1対応で、最大通信距離100m! と大々的に宣伝しています。

でもMCPCの検定では、Bluetoothの通信距離は10mです。間違えないようにしてください。
Bluetooth class 1という規格はだいぶ前からあるのですが、なぜかMCPC検定テキストでは無視しています。
Class 1を無視すると通信距離は10mです。
間違えないでくださいね。
QRコードについて、模擬試験で悩んだ方がいました。
MCPC検定では、QRコードは二次元コードであり、バーコードではないことになっています。
しかし、携帯電話でQRコードを読みとりときには、携帯電話の「バーコードリーダ」のメニューから機動する機種も多々あります。
QRコードの形状はバーではなく、縦横二次元の構成になっていますので、二次元コードが正しいのです。
しかし、バーコードと呼ばれる場合が多いのも事実です。

検定問題で、バーコードの規格名を問う問題が出題されたら、どうしましょう。
「バーコードとして最も不適切なものはどれか?」という問題なら、
JANコード等の正真正銘のバーコードに比べて、「QRコード」はバーコードらしさが低いので、最も不適切になります。
QRコードがバーコードではないと言っているのではなく、バーコードとしては最も不適切(バーコードらしさが少ない)という
選択が正解になると思います。
カスタム検索