1級講習会の最近のブログ記事

最近MVNOがジワジワと増えているようです。WiMAXとかが来年始まるともっと増えそうです。
MCPC検定テキストには、MVNOとしてKCCSや富士通の例が出ています。しかし、Disney、トヨタ、などのMVNOは出ていません。来年の2級検定テキスト改定ではこれらのMVNOも盛り込まれるのでしょう。

通信事業者も増えており、今年の1級テキスト改定ではeモバイルが盛り込まれました。来年は、UQコミュニケーションも盛り込まれるのでしょうか。
OSではAndroid, 無線LANでは802.11n、BluetoothではClass1、端末ではUMPCやMIDなど、検定テキストに記載されていない新しいことが次々と出てきています。
一方で、検定テキストには、古い記述は残ったまま。アナログ方式携帯電話、トークンリング、FDDIなど今では誰も使っていない技術も記載されいます。ダイヤルアップ接続、HDML、ホイップアンテナなどそろそろ絶滅しそうな技術も数多く記載されています。
過去の遺物のような技術が次第に増えていって博物館のようなテキストになってしまうような気がします。

新しいものが増え、古いものは残り、テキストは、どんどん厚くなるばかり? 
ページ数増に加え、表が一列増えていたりして、1ページに記載されている内容が増えている箇所も多々あります。
早めにMCPCの検定に合格してしまいましょう。改定の都度テキストが厚くなり、濃くなり、覚えることが増えます。
がんばって早めに合格しましょう。

Ubuntuの最新版 8.10 "Intrepid Ibex"が、リリースされました。
内蔵3GモデムやUSBドングル、携帯やBluetooth経由の3Gネットワーク接続をサポートしているようです。

Ubuntuは、最近流行のUMPCにもサクサクとインストールできることで有名ですし、8.10は、USBドライブからのインストールにも正式対応したようです。CD / DVDではなくUSBメモリからのインストールができるので、CD/DVDドライブの無いUMPCでも簡単にインストールできます。

KDDIは、データ通信定額制を導入したので、UbuntuをインストールしたノートPCとauの携帯をBluetoothでつなぎ、au携帯を3Gモデムとして利用することもできそうです。イーモバイルのドングルをUSBでつないで3Gモデムとして利用するのとどちらが便利かは使用頻度や、使用場所などの利用者のライフ/ビジネススタイルにしだいかと。

MCPCの検定問題には、携帯を利用したインターネット接続の問題として、携帯をモデムとして使った場合の問題が出題されたことがあります。上記のような接続形態の場合は、携帯電話はTCP/IPなどのプロトコルスタックを提供せず、物理層だけを提供する単なるモデムとして動作していることを知っているかどうかを問う問題でした。
1級テキストが改訂されて、2-9章に記載されているハンドオーバの種類が増えました。
ハンドオーバ方式は、全部で7種類登場するようになりました。
しかも、ハンドオーバ方式が全て英語表記です。
改訂前のテキストでは「端末主導ハンドオーバ」だったのが、改訂版では
「Mobile Initiated Handover 」に変更され英語表記になっています。
Intra-system Handover,. Inter-system Handover, Mobile Assisted Handover などの追加された方式も全て英語表記です。
検定試験で、ハンドオーバの記述問題が出題されたら、英語で書くのでしょうか。


カスタム検索

月別 アーカイブ