動向/政策の最近のブログ記事

GoogleがHTC買収を発表

台湾のHTCを買収することをGoogleが正式に発表しました。
HTCのもプレスリリース
も出ています

HTC全体の買収ではなく、Google向けスマホ開発部門の限定的買収により、HTCとGoogleの戦略的提携関係を強化するといった意味あいの強い買収です。

発表された内容の以下のとおりです。

iPhone8,Xが対応した3.5Gの状況

iPhone8/8Plusと、iPhone Xが3.5GHz帯(Band42)に対応したので、
ドコモ、au、ソフトバンク のBand 42 の基地局数がどの程度なのかを総務省のデータから拾いました。

8月12日現在の3.5GHz帯(Band42)基地局数

KDDIも4.5GHz帯で5G

KDDIも4.5GHz帯で5Gの実証実験を行うと発表しました。

ソフトバンクの4.5GHz帯での実験と同様に、エリクソンとの共同実験です。

ドコモも、4.5GHzで5Gの実証実験を実施しています(Huaweiiの発表

5G用として新たに割り当てられる予定の4.5GHz帯の利用に向け、各社準備が進行中です。

アメリカのモバイル網の通信速度調査結果をSPEEDTESTが公開しました。

Speed-test-USA-Q2-2017.png

T-Mobile、Verizon、AT&T、Sprintの4社平均は以下のとおりです。

  • 下り:22.69 Mbps
  • 上り:  8.51Mbps

日本との比較

ソフトバンク4.5GHz帯で5G

ソフトバンクが4.5GHz帯で5GのPOC(概念実証試験)を行うとエリクソンが発表しました。

4.5GHz帯は、5G用として新たに確保する予定の周波数帯です。

総務省の新世代モバイル通信システム委員会報告書には、5G用の新周波数帯について以下の記載があります。

  • 3.7GHz、4.5GHz、28GHz帯の技術的条件を2018年夏頃までに策定する
  • 28GHz帯で最大2GHz幅、3.7GHz及び4.5GHz帯で最大500MHz幅を確保することを目指す


ソフトバンクは、以下のような試験をエリクソンと共同で実施するそうです。

  • 都市部で、4.5GHz帯でのMassive MIMOやビームフォーミングを利用するための試験
  • 無線区間では、virtual RANも試験
  • 両エンドとも5G無線を使ったEnd-End試験
  • コアでの仮想化(virtual EPC)も試験

このPOC(概念実証試験)は、実験用電波免許を取得しだい実施予定とのことです。

ドコモの4.5GHz帯への取組

UQ高速化でauが708Mbpsに

UQがWiMAX2+(TD-LTE)の2CA、4×4 MIMO、256QAMによる558Mbpsサービス提供を発表しました。

同時にKDDI(au)がUQのWiMAX2+(TD-LTE)と自社のFD-LTEのCAによる受信最大708Mbpsの提供開始を発表しました。

対応端末は、「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「AQUOS R」やWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」です。

3CAで更なる高速化は・・・・

060番号を、携帯電話番号として確保するための省令案を郵政省が公表し意見募集しています。

060番号のうち0601から0609が、将来、携帯電話用として利用されることになります。

080と090は、通信事業者に割り当てて、総務省の在庫が無くなっており、070の総務省在庫が残り2590万という状態です。

020番号は6,633万在庫ありますが、IoT用です。

060番号

L2接続パケット料金の推移

MVNOがMNOに支払うL2接続回線の料金が値下げされました。

値下げは、モバイル通信のトラフィック増にMVNOが対応できない額でした。

値下げにより14%から21%回線増速が可能ですが、1契約あたりのトラフィックは21%から25%増えています。

買える帯域、16%から21%増

月300円以下のプラン

NTTPCが、IoT向けに、月額280円の「モバイルM2M」を発表しました。

月額280円で通信速度上限なして月間30MBまで使えます。

これは、IoT/M2M市場向けのプランですが、月額300円以下でIoT/M2M市場向けではないモバイルサービスも各社から提供されています。

5G早期実現へ3つの合意

(1) 5Gの早期実現、(2) Cat-M1展開、(3) 国内での5Gトライアルの3つの合意が発表されました。

5G全般の早期実現に合意したのは22社(ドコモの発表KDDIの発表

Cat-M1の展開に合意したのはMNO 9社(ドコモの発表KDDIの発表

日本国内での5Gトライアル実施に合意したのは3社(ドコモの発表)、

です。

(1) T5G早期実現を促進する合意

最近のブログ記事

日本通信,ソフバンに勝訴確実
h2{ font-size:120%…
総務省NEC支援を認可
h2{ font-size:120%…
日本通信も「フルMVNO」に
日本通信が、HLR/HSSを持つフルM…
カスタム検索

月別 アーカイブ