デバイスの最近のブログ記事

Snapdragon 410E 600E

QualcommがIoT用にSnapdragonのバラ売りを始めたことを発表しました。

Snapdragon-for-embeded-computing.png

Snapdragon 410Eが1個17ドルです。

現在Arrow Electronicsのサイトで購入できます。

IoT用などの組み込み機器の開発を容易にするために、販売代理店を通じて広く提供することにしたそうです(従来はQualcommからの直接購入だけでした)。

IoT用などの組み込み機器用として、製品のサポート期間も長くしています。

最低でも2025年までの継続販売を保証したうえで、販売後10年間の製品サポート継続も保証しています。

Snapdragon 410E 600E

Dragontail PRO発表

Dragontail PROの特性

旭硝子が、Dragontail Proを発表しました。

Dragontail より端面強度を大きくしたことが特徴です。
局面ディスプレー用に、ラウンドエッジ加工した際のエッジの強度が向上します。

表面の傷による割れにくさ(表面応力)も向上しています。

なお、発表では、Dragontail X とDragontail PROの比較には、言及されていません。

端面が弱くなる原因

iPhone7はX12搭載

iPhone 7 Plus(A1785) は、Qualcomm X12モデム(MDM9645M)を搭載していることが、iFixitが分解した結果から判明しました。
A1785は、日本で販売されているiPhone 7Plus のモデル番号です。 

iPhone 6s のX7 と iPhone 7 のX12 の比較

デュアルカメラモジュール「Clear Sight」をQualcommが発表しました。

フルカラーのイメージセンサーとは別に、カラーフィルター無しで輝度情報(白黒画像)を取得するイメージセンサーを独立して持つタイプのデュアルカメラ用モジュールです。

iPhone 7 / 7 Plusのようなフルカラーのイメージセンサーを2つ持ち焦点距離の異なるレンズで撮影するタイプではありません。

Google IoT kit

Google IoT kit BeagleBone

Google Cloud Platform(GCP) にIoTキットを、Googleが紹介しています。

ハードウェア製作の基盤が無くても、IoT端末とGCPを接続し、End-Endでの簡単にIoTのプロトタイピングができるようすることが目的とこのこと。

LTEドローンで国際飛行

QualcommとAT&Tが共同で、ドローンをLTEで制御する研究を開始すると発表しました。

Snapdragon Flight を使ってLTEで操縦できるようにするそうです。

現状では、Snapdragon Flight は、Wi-Fiでの操縦です。

Snapdragon Flight

  • Wi-Fi(2x2 MIMO)対応
  • Bluetooth 4.0対応
  • 衛星測位システム(GPS、GLONASS、COMPASS、Galileo 対応のSirfStar V ) 対応
    5Hz測位に対応

今回の開発は、将来、視界外の飛行が許可されるようになった場合に備えての動作の安定性、ハンドオーバーや、信号強度変化への対応などの検証をするとのこと。

携帯基地局アンテナタワー6万5000か所の巡回点検に、ドローンを使う構想をAT&T持っているようです今回のAT&Tの発表では言及されていませんが、過去のブログでドローンによるメンテに言及しています。

国際フライトも可能

IntelのARMチップ製造

IntelがARMのチップセットを製造することを発表しました。

Intelは、ARMのフィジカルIPを採用すると、発表していますので、物理的実装までARMにまかせきってしまうことになります。

QualcommのSnapdragonはARM互換ですが、ARMのアーキテクチャーライセンスを受けて開発・設計されていいるので、物理的実装はもとより、RTLレベルからQualcomm独自のSoCになっています。

ARMのIPライセンス

SIMフリー通信モジュール

SIMフリーの通信モジュールをSEIKOソリューションズが発表しました。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクのLTEに対応し、W-CDMAにも対応しています。

特徴

フルカラー電子ペーパー

フルカラーの電子ペーパーを、Einkが発表しました。

マイクロカプセル型電気泳動ディスプレイモジュール(EPD:electrophoretic display )のフルカラー化をカラーフィルター使わずに実現したのは初とのことです。

フルカラー電子ペーパーの仕組み

IntelがATOM 終息

ATOMシリーズIntel が、ATOMプロセッサを終息させることを、Intelの広報と確認したというPC Worldの記事が出ています。

ATOMの新規開発は終了し、ATOM開発のリソースを5G用チップやモデムに振り向けるそうです。

ATOMの出荷数44%減

最近のブログ記事

超長寿命電池
h4{ font-size:140%…
デュアルレンズ・スマホ
h4{ font-size:140%…
IntelがIoT用モデムなど5種類発表
Intelが、IoT用のモデム、XMM…
カスタム検索