端末の最近のブログ記事

ガラケーの出荷台数ゼロ

ガラケーの国内出荷台数が、ゼロになったとIDC Japanが発表しています。

2018年第1四半期 国内携帯電話市場実績値の発表 で「従来型携帯電話の出荷、今期は実質的にゼロ」だったと発表しています。

スマホに動画専用カメラ

AQUOS R2

SHARP R2が搭載する動画専用カメラは、静止画は別のカメラに任せて、静止画を撮影しないことを前提としたスペックをもったカメラです。

動画に特化した仕様のため、動画用のカメラで静止画を撮ることはできません。

動画専用カメラのF値は小さくしない

スマホのカメラ画素数増加

Huaweiが、スマホのカメラ画素数を急速に上げており、1年前のモデルの2倍ほどの画素数になっています。

スマホのカメラ解像度

HUAWEI P20 Proのメインカメラ画素数は、HUAWEI P10 Proの2倍の4000万画素になりました。

HUAWEI P20 liteの自撮カメラの画素数は、HUAWEI P10 liteの2倍の1600万画素になりました。

ZenFone 5Q/5 liteの自撮カメラの画素数は2000万画素で、他のメインカメラを凌駕しています。

解像度=カメラ性能ではないにしろ、画素数は再び増加の方向です


スマホ搭載カメラの多眼化

スマホ搭載のカメラが多眼化しています。

レンズ2セットのデュアルレンズは多数あり、レンズ3セット搭載のHuawei P20 Pro、4セット搭載のASUS Zenfone 5Qと、搭載レンズ数は増えて、マルチレンズ化が加速しています。

マルチレンズ化の効果は大別すると3つです。

  • 画角の切替
  • 感度向上
  • ワイドアパーチャー

全ての機能を持つためには、3セット以上のレンズが必要になります。

感度向上

Androidのパッチ提供の義務化をOEM契約に盛り込むとGoogleが発表しています。

Googleが提供する月例セキュリティパッチを配信するかしないかは、OEMベンダーの自由でした。
このため、大部分のAndroid端末がセキュリティパッチを網羅していない状態で、ほとんどのベンダーにパッチの抜け落ちが有る状態です。

欠落していたパッチの数 (Security Research Labs の調査)

  • 0-1--Google, Sony, Samsung, Wiko Mobile
  • 1-3--Xiaomi, OnePlus, Nokia
  • 3-4--HTC, Huawei, LG, Motorola
  • 4以上--TCL, ZTE

セキュリティ確保のためにはパッチは必要ですが、パッチの適用では問題も起きています。

パッチにより着信拒否ができなくなる

P20 Proの4000万画素カメラ

カメラの画素数比較

P20 Proのカメラと一眼レフカメラを比較してみました。

Huawei P20 Proのカメラの画素数4000万は、高級一眼レフカメラ並みの画素数です。


解像度 Huawei P20 Proのメラの画素数4000万は、スマホのカメラとしてはは断トツの数値です。(右上)。

2300万画素以上の一眼レフの世界ですが、その中でも上位に入ります。おそらく、トップ5に入れる解像度です。

4000万画素未満の一眼レフカメラも多数あります。

センサーサイズの限界

これからはBand3

楽天とKDDIに1.7GHz帯(Band3)が割り当てられ、全MVNO4社がBand 3を使えるようになりました。

Band 3はiPhone5s以降のiPhoneや、XPERIA Z4やZenfone 3,4, Mate 10ProなどのAndroid端末など様々な端末で利用できるFD-LTEの周波数です。

iPhone 7とZenfone4の対応周波数と、MNO各社の電波を表にすると以下のようになります。

Appleの謝罪

iOSのアップデートの際に、Appleが意図的に古いiPhoneの性能を低下させたのではないかという疑惑に関して、Appleジャパンも謝罪文を掲載しました。

謝罪はして、iPhoneのバッテリー交換の金額を割り引きすることを表明していますが、意図的な性能低下は認めていません。

指摘されている旧機種の性能低下は、正された小規模なバグ、一時的なパフォーマンスへの影響バッテリーの経年劣化が原因だとしています。

Appleの謝罪文の主な内容は以下のとおりです

XGPとWiMAX2+でHPUE解禁

HPUE.png

2.5GHzのTD-LTE端末を高出力化によるエリア拡大を可能にする高出力端末(HPUE)の解禁が適当であるとの答申がでました。

電波監理審議会(第1048回)議事要旨に「諮問第30号」のとおり改正することが適当との答申をした」と記載されています。

諮問第30号には、2.5GHz帯広帯域移動無線アクセスシステム高出力移動局 (HPUE)の導入 (BWA のカバレッジ拡張に必要な規定の整備)が含まれています。

答申に沿って、無線設備規則の改訂が行われると、XGPとWiMAX2+の端末の電波出力を、現在の2倍の400mWにすることができます。

出力2倍のHPUE:High Power User Equipmentにより、基地局のカバレッジが面積比で約1.3倍なることが期待されます。

DSDVでauでのDSDSが容易に

Mate 10 Proと Mate 10のDual SIMモデルが世界初のDSDV対応機として来月発売開始になります。

auとau系MVNOのSIMでのDSDSが使いづらい現状が、DSDV対応スマホで解消されます。

au系がDSDSに不向きな理由

SIMカード2枚挿して同時待ち受けができるDSDS対応スマホは、「ZenFone3」、「Huawei Mate 9」、「Moto G5 Plus」、「ZTE AXON 7 mini」など増えていますが、これらのDSDS対応スマホでの同時待ち受けは、3G+4G という縛りがあります。

2枚のSIMを入れて同時待ち受けすると、1枚のSIMは3G(W-CDMA)で動作、もう1枚は4G(LTE)で動作することになってしまう機種ばかりでした。

3G+4G だと、au と au系MVNOのSIMの2枚でのDSDSができません。

auの3GはCDMA2000なのに、DSDS機の3GはW-CDMAなので、同時待ち受けになりません。

DSDVだとau系でも問題なない理由

最近のブログ記事

中級スマホのCPUも高速化
h2{ font-size:1…
GoogleがAndroid端末を認証
h2{ font-size:120%…
ソフバンSIMロック端末を解禁
ソフトバンクのSIMロックがかかっている…
カスタム検索

月別 アーカイブ